<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
|
Mac OS X におけるリネーマーの比較

処理中ファイル名重複問題について


連番の数字をずらしたい、という場面が、たまにある。
例えば「05.html」「06.html」「07.html」というみっつのファイルの名前を
「06.html」「07.html」「08.html」にしたいとか。その逆とか。
「リネーム処理完了後」にはファイル名の重複はないが、「処理中」には重複が発生するわけだ。

その場合、最も素朴なリネームソフトは「06.html、07.html という名前のファイルがすでに存在するため処理を続行できません」というエラーメッセージを返す。あるいは勝手な判断で「06.0.html」「07.0.html」「08.html」などとリネームする。ここではそういうのを「(素朴)」と表記する。賢いリネームソフトは、処理中重複問題など存在しないかのように、黙ってこちらの希望通りの結果をもたらす。ここではそういうのを「(賢い)」と表記する。






Name Mangler(賢い)


正規表現対応。速度、インターフェイスとも文句なく、個人的にはベスト。欠点は高いこと。自分はたまたまApp Store のセールで1000円で買えてラッキー。まあ、1000円でも安いとは言えないが。
c0070938_16292414.png
c0070938_16292743.png
リネーマーの使用目的の九割は、「Find and Replace(検索置換)」と「Sequence(連番)」だ。みなさんもそうじゃないですか。画像の通り、Name Manglerの「Choose operation」ポップアップメニューではそのふたつがトップにあり、おかげでとてもスムースに選択できる。細かいことだが、使い勝手というのはこういうディテールの積み重ねだ。

「Advansed」機能も強力。下図Aのように複数フォルダに存在するファイルを、Bのように一気通貫式に連番リネームすることは、だいたいどんなリネーマーでもできるが、Cのように「フォルダ単位で」連番にするには、通常、フォルダごとにリネーム作業を繰り返す必要がある。Name Manglerの「Advansed」では、そんなリネームも一発で可能。さらに、Dのように「親フォルダの名前 + ハイフン + 連番」といったインテリジェントな処理もできるし、そのクエリを保存することもできる。素晴らしい。「name mangler advansed parent folder」でググれば、中学生程度の英語力で理解可能。興味ある人はこの記事を読んでください。
c0070938_16355210.png
ただ、値段以外にも欠点がある。フォルダをリネームできない。仕方ないのでフォルダのときだけ、Better Rename 9を使っている。

2015.06.27後記:
Name Mangler がフォルダをリネームできない、というのは愚かな誤解でした。半年もの期間ガセ情報を掲載していて申し訳ありませんでした。今日発見したこと:ウィンドウの左上のバーの「List Files and Folder Contents」とある部分をクリックするとご覧のように、プルダウンメニューが出ます。
「Files」「Folders」「Folder Contents」という3行が見えますね。
c0070938_959326.jpg
「Folder Contents」にチェックしてあると、フォルダの中身まで掘る。「再帰的に処理する」とかいうらしい。「Files」「Folders」はそのまんまの意味。ここのどれをチェックしどれのチェックを外すかで、処理対象を随時指定可能です。素晴らしい。後記終わり。






Better Rename 9(賢い)


「Advnced & Special」カテゴリーで正規表現対応。機能的にはName Manglerと並び、Macリネーマー界2トップの一角を成す。App Store のセールで200円で買えた。ただ、ちょっとびっくりするぐらい遅い。
c0070938_17554290.jpg







NameChanger(素朴)


無料。正規表現対応。拡張子の扱いなど、仕様が独特でわかりづらいが、わかってみると大概のことはできて、Better Rename 9 よりずっと速い。フリーのリネーマーをお探しの方には強力におすすめできます。ただし処理中重複問題に対して素朴だし、フォルダはリネームできない。
c0070938_1844186.jpg
c0070938_18442322.jpg







Shupapan(素朴)


無料で、ムチャクチャ多機能。当然正規表現対応。
さらに、作成日/変更日の一括変更、パーミッション(アクセス権)の一括変更など、
一般的なリネーマーが備えていない機能がある模様(試したことはない)。
やたらに出る確認ダイアログがウザくて嫌いだったけど、設定をいじったら緩和された。
上記みっつのソフトがすべて、設定にリアルタイムに追随してリネーム結果のプレビューを表示するのに対して、Shupapanはいちいち「プレビュー」ボタンを押す必要があり、その点がなんとなく「旧い設計」な感じがしてしまう。無料で使わせてもらえるものにケチつけたりして申し訳ないのですが。
c0070938_18121480.jpg







Rename It(素朴)


無料。悪くはないけどフォルダはリネームできない。割とフリーズする。






Rename(賢い)


無料。処理中重複問題に対しては賢いけれども、連番の桁数が指定できないし、
処理対象は常に「ファイルとフォルダ」だしと、いろいろ素朴過ぎる。
[PR]
by nobiox | 2015-01-03 16:53 | ├Mac OS X | Comments(0) |
|