<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
|
InDesign 文字パネルでの設定と「フレームグリッド設定」の関係
InDesignフレームグリッド 【OKWave】 2006-08-31

質問:
本文の文字級数や行間などを、途中で全ページにわたって変更したい場合、普通はどういう手順をふむものでしょうか?
段落スタイルを使うのかとおもいためしてみたのですが、段落スタイルの適用ではフレームグリッドの設定と関連がないので、フレームグリッドはもとの級数や行間のままで変なことになってしまいます。 
「フレームグリッドスタイル」のようなものがあるのが一番自然な気がするのですが、ないようですし、ふつうはどのようにしているものなのでしょうか?

どうもこの「文字パレットの設定」と「フレームグリッドの設定」の二重のからみの意図がよく分かりません。
どうかそこのところもふまえてアドバイスお願いします。


回答:
私の環境(MacOSX(10.4.7)、InDesign CS)では「グリッドフォーマット」パレットで文字スタイルや段落スタイルと同様に、フレームグリッドの設定統一ができます。
 
「ウィンドウ」メニュー→「書式と表」→「グリッドフォーマット」

なお、レイアウトグリッドを表示している場合は「ページ」パレット上で全ページを選択して、「レイアウト」メニュー→「レイアウトグリッド設定」でレイアウトグリッドも変更しておいたほうが見やすいと思います。
この後にフレームグリッドを選択して「グリッドフォーマット」→「[レイアウトグリッド]」を適用し、「新規グリッドフォーマット」を作ると手間がかかりません。

>どうもこの「文字パレットの設定」と「フレームグリッドの設定」の二重のからみの意図がよく分かりません。

文字の書式(Q数や行間など)は基本的に、
 1.「文字パレットでの手動設定」
 2.「文字スタイル」
 3.「段落スタイル」
 4.「フレームグリッド設定(グリッドフォーマット)」
の順に適用されます。

つまり、手動設定もスタイル適用もない場合にフレームグリッド設定を変更すると、それが書式に反映されるということになります。(ちなみに「編集」メニューの「グリッドフォーマットの適用」でグリッドの書式設定が強制適用されます)

ただし、行間(行送り)は、「段落」パレットメニューの「グリッド揃え」設定に従うので、
ここが「なし」以外になっていればグリッドの設定変更に伴って変化します。
[PR]
by nobiox | 2014-11-02 22:18 | ├DTP |
|