<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
中日新聞一人不買運動
連覇の功労者、落合監督はなぜ辞めるのか
産経新聞 10月19日(水)20時6分配信

 チーム初のリーグ連覇に導いた中日の落合監督の今季限りでの退任が、すでに決まっている。就任8年で4度のリーグ優勝を果たし、すべてAクラス。卓越した成績だけを見れば、辞める理由はない。

 中日は親会社である中日新聞の販売戦略で、浜松、豊橋、岐阜など、東海地区の地方都市で試合が開催される。地元企業などが中心となり、入場券などを購入する代わりに、激励会などのイベントへの出席要請があるという。球団が、野球という興行を行う上では監督の「顔」も必要。現楽天の星野仙一氏ら歴代監督は、そうした役割も果たしてきた。

 しかし、落合監督は「勝つことが一番のファンサービス」と、シーズン中、政財界や有力スポンサーとの会合や宴席に出席することは皆無に近い。その一貫した態度は、ある意味で称賛されるべきだが、地元からは「冷たい」「愛想がない」という不満が高まったのも事実だった。

 ここ数年、来季への準備を進める夏過ぎになると、球団側には「落合監督が続投するなら、ナゴヤドームの年間予約席を買わない」という声が届いたという。不人気ぶりは、観客動員数に如実に表れている。落合政権下では2008年、主催の1試合平均で約3万3720人集めたが、これをピークに減少し、今季は連覇にもかかわらず、ついに3万人を切った。

 次期監督は70歳の高木守道氏。名球会入りしたプレーヤーだが、落合監督と比べ、全国的な知名度は劣る。しかし、県岐阜商高出身で、中日一筋の現OB会長。地元との絆を再構築するために、実は打って付けともいえる存在なのだ。

 九州でのソフトバンクや、北海道での日本ハムなど、地元重視の球団経営の重要性が高まっている。その潮流の中で、落合から高木という、中日の選択は、一種の必要不可欠な方策だった。巨人中心の一極集中から、地域密着へ、野球界の構造が変わりつつある、一つの“証左”でもある。(喜瀬雅則)

明白にくだらない部分を一部改竄して無断転載。なるほど。そうなのかも知れん。新聞にしては珍しくまともな記事だ。しかし余計なお世話だが、「チームの敗戦にガッツポーズした球団社長が一面トップで自己批判しない限り中日新聞と中日スポーツと東京中日スポーツは買わない」という声が広がる可能性は心配しなくていいのか。少なくともオレは買わない。

オレ竜、球団初の連覇!球団社長の敗戦ガッツポーズで一丸に
デイリースポーツ 2011年10月19日 7:18

 連覇の原動力となった事件がある。ナゴヤドームで行われた9月6日の巨人戦。3対5で敗れた試合後の関係者通路。坂井球団社長が、なんとガッツポーズを繰り出した。複数の球団関係者がその光景を目にし、すぐさまチーム内に広まった。

 「ウチがひとつにまとまったのは、あのガッツポーズからだよ」と落合監督。アンチ落合の急先鋒。敗北=落合の汚点。喜ぶ心情は理解できる。だが、球団社長という立場にあるまじき禁断のポーズは、フロント不信を招くと同時に、選手の反骨心を呼んだ。

 ある主力選手が言う。「あり得ないっす。監督のことを嫌いなのは構わない。人間ですから。ただ、試合をやってるのは、僕たち選手なんですよ。ガッツポーズなんて考えられない。選手をバカにしてるのと一緒ですよ」。荒ぶる心。ぶつける場所のない怒り。すべてを戦場でパワーに変えた。

 ファンサービスが足りない。野球がつまらない。監督就任後から、外野の声に自問自答を重ねてきた。「いろいろ言われることには慣れてる。ただ、オレは現場を預かる最高責任者として、何ができるかを考えたら、勝つことしかないんだ。勝って気持ちよく家に帰ってもらう。それが一番のファンサービスだろ」。何を言われようと、オレ流を貫いた。

[PR]
by nobiox | 2011-10-20 00:53 | ├野球 | Comments(2) |
最前面のアプリケーションに命令する
たまにしか覗かないツイッターの、たまたま覗いたタイムラインにたまたまこういうツイート

「今最前列にあるウィンドウ以外のすべてのウィンドウを閉じる」という指示をMacOSX SnowLeopard上でだすにはどうしたらいいかねえ。

を見かけて、ちょっと興味を持った。 AppleScript にはどうも「最前面のアプリ名を取得する命令」というのがあるらしい。そんならとりあえず「最前面のアプリの、最前面以外のすべてのウィンドウを閉じる(他のアプリには無力)」というスクリプトはできるわけだ。

tell application "System Events"
set front_app to name of (path to frontmost application)
end tell
tell application front_app
try
repeat 20 times
close window 2
end repeat
end try
end tell

「2番目のウィンドウを閉じよ」というのを何回も繰り返すことで、結果的に最前面以外のウィンドウをすべて閉じる。バカみたいだけど間違ってはいない。10.5 で、少なくとも Finder と Safari では有効。mi では機能しない。Finder で使うと案外便利。

これは

最前面のアプリを取得する(Aとする)
Aに tell
  try
    20回繰り返せ
      「2番目のウィンドウを閉じよ」(×20)
    繰り返し終わり
  end try
end tell

という感じなんだけど、これを

最前面のアプリを取得する(Aとする)
A以外の起動中のアプリのうち whose visible is true であるものすべてに tell
  すべてのウィンドウを閉じよ
end tell
Aに tell
  try
    20回繰り返せ
      「2番目のウィンドウを閉じよ」(×20)
    繰り返し終わり
  end try
end tell

とかすることが、できるのかも知れない。
http://www.fsight.co.jp/asqs/practicalscripting/quitapplications.pdf

■後記:
偶然 わかばマークさん で解を発見しました。
「every application process whose background only is false and frontmost is false」。
なるほどねえ。background only というのは 1PasswordAgent だとか Dropbox だとか、
「実行中だけど見えないプロセス」のことか?
frontmost は最前面か。
「background only is false and frontmost is false」で、
見えるプロセスのうち、最前面でないヤツすべて」か。

-- http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-992.html#t3_auto_hide_others
-- +
-- http://www.hw2-suito.com/archives/327
-- http://www.drycarbon.com/applescript/manuals/controls/ctrl_rep.html#times

property excludeAppList : {""}
-- property excludeAppList : {"Finder", "Safari", "firefox-bin"}
-- 除外アプリケーションのプロセス名を、上の行の {} 内に入力する
-- "プロセス名" と引用府で囲って、「,」で区切って入力
-- Firefox のように アプリ名 とプロセス名 が異なるものもあるので注意。

tell application "System Events"
set notFrontmostApp to name of every application process whose background only is false and frontmost is false
repeat with eachAppProcess in notFrontmostApp
if excludeAppList does not contain eachAppProcess then
tell application process eachAppProcess to set visible to false
end if
end repeat
set front_app to name of (path to frontmost application)
end tell

tell application front_app
try
repeat 20 times
close window 2
end repeat
end try
end tell

使ってみたけど、すげー。便利かどうかはよくわからないけど、気持ちいい。
wakaba さんは「ちょうど『Spirited Away』の機能と書いておられるけど、
Spirited Away ではこうはいかない。
[PR]
by nobiox | 2011-10-19 16:33 | ├バカスクリプト | Comments(0) |
このままでいいらしい。
10/07 まあ、このままの感じで動いてくれれば大丈夫でしょう。
◆中日4-4巨人 (10月7日 ナゴヤD)スポニチアネックス

痛恨ドローもどこ吹く風 落合監督鼻歌交じりで会見 | 9回1死一、三塁、高橋由に同点の適時二塁打を浴びた浅尾はボウ然
Photo By スポニチ
 中日・落合監督の試合後の談話は、ここ数日の連勝中と変わらなかった。会見場に鼻歌交じりで入ってくると「まあ、このままの感じで動いてくれれば大丈夫でしょう」とだけ言い残して去った。

 中盤までに4点リード。エース吉見は8回まで2安打で無失点。万全の形で白星を手にするかと思われた先に落とし穴が待っていた。9回、吉見が先頭の坂本に安打を許すと1死後、長野にこの試合初めての四球を与えた。阿部に対しては追い込んでから変化球をファウルで粘られ、中堅にはじき返された。二塁打となって2人が生還して降板。マウンドを引き継いだ浅尾も打たれて、自己最多の17勝目が消えた吉見は「情けないです…」と絞り出すのが精いっぱいだった。

 延長10回1死一、二塁のサヨナラ機も、代打中田亮が併殺打に倒れて引き分けに終わった。4点差を追いつかれてのドロー。ヤクルトが勝ったためゲーム差は0・5に迫られた。だが、追い付かれはしたが、勝ち越しは許さなかった。残り12試合。今は負けなかったことに唯一の光明を見いだすしかない。浅尾(今季74試合目。9回1死二塁で救援して同点二塁打を許す)球が浮いたのは自分の責任。残りの試合を頑張るとしか言えない。

 ≪最短M点灯は11日≫首位の中日が引き分け2位ヤクルトが勝ったため、中日の最短優勝マジック点灯は1日延びて11日。8日の巨人戦から11日ヤクルト戦まで4連勝、その間ヤクルトが4連敗でM4が点灯する。2位のヤクルトも最短で11日にM点灯の可能性がある。
10/08 きょうはこういう試合。こういう日もある。
◆中日0−4巨人(2011年10月8日 ナゴヤD)スポニチアネックス

 中日は9回に4点差を追いつかれた前夜のショックが残っていたのか。10月初の黒星で、連勝は5でストップ。それでも落合監督は、まるで気にしたそぶりを見せなかった。

 「きょうはこういう試合。こういう日もある」。敗戦時のお決まりのセリフ。投打ともに圧倒されたが、指揮官にとっては想定内だったのかもしれない。先発はプロ3年目の伊藤。本来の順番だったソトは故障で2軍落ちしている。代役として先発した20歳だったが、荷が重かった。3回に阿部の二塁打で先制点を献上。4回にも3点を失うなど、4回4失点でKOされ「負けられない大事な試合で、自分の役割を果たすことができなかった…」とうつむいた。

 打線も沢村の前に1安打。得点圏に走者を進めたのは6回だけで、今季21度目の零敗だ。それでも2位ヤクルトも敗れ、首位の座はキープ。残り11試合、指揮官の試合に臨む姿勢は変わらない。中日・平田(2回に沢村からチーム唯一の安打)相手は絶好調ではなかったと思うけど、気がついたらやられていた感じ。あっという間に終わってしまった。
10/09 まあ、十分動けているから、いいんじゃないの
◆中日1−0巨人(2011年10月9日 ナゴヤD)産経新聞

 最後は岩瀬−。それが8年目の落合政権の“鉄板”継投だ。しかし、この日は指揮官自らその不文律を破った。0−0で迎えた九回2死一、三塁のピンチ。落合監督は通算312セーブの守護神・岩瀬から、今季75試合目の登板となるセットアッパー・浅尾へのスイッチを命じた。同点またはリードの展開のイニング途中で岩瀬→浅尾の交代は今季3度目。巨人が岩瀬の交代はないと見て「代打谷」をコール済みだったのは無理もない。代打の代打に起用された高橋由を浅尾は3球三振に仕留めた。

 この継投がサヨナラ勝利の布石となった。延長十回に浅尾は2死二塁のピンチを招いたが、巨人の代打は右の鶴岡。勝負強い谷という巨人の貴重な右の代打の存在を消していたのが効いた。そして、その裏1死一、二塁から代打の堂上剛が「死ぬ気でいった」と中越えにサヨナラ打。劇的な白星で首位をキープした。

 10日からは2位ヤクルトとの4連戦を迎える。雌雄を決する直接対決を前に「全球が勝負球のつもりで投げます」と浅尾。「まあ、十分動けているから、いいんじゃねえか」と落合監督は相変わらずの無表情だが、退任直前のラストタクトは球団史上初のリーグ連覇へ向け、情抜きの必勝モードへ切り替わっている。(喜瀬雅則)
10/10 場面場面でいい仕事をしている。今の状態でいいでしょ。
◆中日3-0ヤクルト (10月10日 ナゴヤD)スポニチアネックス

 ペナントの行方を決する4連戦の初戦。まずは中日が、危なげない試合運びで白星を手にした。落合監督は「場面場面でいい仕事をしている。今の状態でいいでしょ」と短い言葉に満足感をにじませた。

 序盤に先制し、リードをきっちり守りきる中日らしい展開。9回2死一、二塁で、落合監督がマウンドに赴き、ナインに声を掛けたところに“大一番”をうかがわせたが、普段通りの野球を見せたところが強さを感じさせた。
中日が首位攻防4連戦の第1ラウンドを制した。平田の2ランで先制すると、五回には井端の適時打で追加点を奪った。投げては山井が7回無失点。八回は小林正、九回は浅尾が締めた。

 快音とともに、美しい放物線がバックスクリーンへと描かれた。首位攻防第1ラウンド、落合監督の秘蔵っ子が号砲を鳴らした。平田の先制2ランにナゴヤドームが震撼した。「とにかく先制点が欲しかったので、次につなげようという気持ちで打席に入りました。打った瞬間に入ったかなと思ったのですが、一生懸命走りました」0−0で迎えた二回だった。二死から右前に弾き返した谷繁を一塁に置いて、カウント2−1からの4球目。真ん中付近にきた130キロシュートを見逃さなかった。持ち前のフルスイングで10号2ラン。1日の阪神戦(甲子園)以来、8試合ぶりの一発で先手を奪った。入団6年目にして、初めて本塁打数を2けたに乗せた。大阪桐蔭高3年の時、右肩を痛めていた平田を回避し、履正社の岡田貴弘(T−岡田、現オリックス)獲りへ動こうとする球団に“待った”をかけたのが指揮官だった。

 五回には二死一、三塁から、井端が左翼線を破る適時三塁打で追加点。「ストライクは全部いこうと思った」と話した。攻撃陣の勢いが戻ってきた。投げては山井が7回無失点で3勝目(2敗)。球団史上初の連覇へ。投打がかみ合い、ヤクルトとの4連戦の初戦を獲った。| サンケイスポーツ
10/11 よく戦ってると思う。このままでいい。
◆中日3-1ヤクルト (10月11日 ナゴヤD)取材協力:Baseball Times

 中日は11日、東京ヤクルトに3対1で勝利し、首位攻防戦に連勝した。初回にブランコの14号2ランで先制し、5回に押し出し四球で1点を追加。8回に1点を返されたが、最後は守護神の岩瀬仁紀が無失点に抑えた。先発の川井雄太は8回途中無失点で5勝目。
 落合博満監督は試合後、「はぁー。よく戦ってると思う。このままでいい」と穏やかな表情で選手をねぎらった。

[PR]
by nobiox | 2011-10-11 23:40 | ├野球 | Comments(2) |
頼む。連覇を見せてくれ。
落合竜2・5差!荒木激走「監督のため」(2011年9月24日)

■「中日6‐2ヤクルト」(23日、ナゴド)
 不屈の落合竜が逆転優勝をもぎ取る。中日・落合博満監督(57)が、前日22日の電撃解任ショックをはねのけ、首位・ヤクルトに連勝した。4連勝で貯金は今季最多の9に膨らみ、2・5ゲーム差に迫った。これがオレ竜の真骨頂であり、怨念とも呼べぶき執念の勝ちっぷり。有終の美を飾るべく、まだまだ一気に突っ走る。

 8年間の集大成。落合野球の真骨頂。ワンチャンスを実と成す。2死無走者からの4得点。点が線となり、太さを増す。怒とうの波状攻撃。白星の連鎖を導いたのは、落合野球の申し子たち。荒木、井端、森野…。去りゆく将への思いを体現した。

 池の水面に揺らぐ波紋が幕開けだった。同点の八回、2死。荒木が左線二塁打。続く井端の中前打。前進守備を敷いた敵軍。強肩の青木。辻三塁コーチが腕を回す。本塁を狙う荒木の足を追いかける送球。わずかにそれた。決死のヘッドスライディング。ユニホームを茶色に染めた荒木が、手をパチンと合わせた。

 流れは急加速。森野、ブランコが連続適時二塁打。四球を挟んで代打・堂上剛が右前適時打。二回途中から19人連続で打ち取られ、直前に同点とされた流れを激変させた4得点。勝負は決した。

 「なんでこのタイミングで発表するの?っていう思いはありますよ。でも僕らには試合が待ってる。前に進むしかないんです。監督のために勝ちたいんです」。悲痛な胸の叫び。身を切られるような痛み。自らを育ててくれた恩師への謝意を荒木は激走で示した。

 現場を無視した退任発表は、図らずも一枚岩の結束力を生みつつある。「なんでだという思いは当然ある。でも決まったことはしょうがない。絶対優勝するぞ。コーチを全員集めて、そう言ったよ」。森ヘッドコーチの号令が空気を変えた。

 「やっと選手が動き始めたな」。落合監督が残したワンフレーズ。残り24試合に全神経を傾ける。首を切られた痛みは、歓喜の胴上げで消してやる。野球人・落合の生き方。敗者のまま、ユニホームは脱げない。
【写真】8回、井端の勝ち越し打で、二塁走者・荒木が本塁へ気迫のヘッドスライディング

落合竜、奇跡退任Vへ129日ぶり奪首(2011年10月7日)

■「中日5‐3広島」(6日、ナゴド)
 長く頭上を覆い続けた分厚い雲を突き破った。広がる一面の青空。視界を遮る障害物が消え、落合竜がすべての敵を眼下に従えた。中日が破竹の5連勝。5月30日以来、129日ぶりの単独首位。奇跡の退任V。行く手を阻むことは許さない。

 頂を極めるにふさわしい試合運びだった。3四球で得た二回、2死満塁から、荒木が先制の2点中前適時打。三回にも2四球から1死二、三塁とし、和田の中犠飛と平田の適時三塁打で2点を奪った。敵のミスを突き、確実に得点につなげる。落合監督が掲げ、築き上げたスタイルの集大成だ。

 「みんな気持ちでやってる部分が強い。チーム全体の集中力も上がってきてる。でも、首位に立ったからといって、野球が変わるわけじゃない。ここからが本当の勝負」。顔色を一切変えず、淡々と言葉を紡いだ荒木。落合監督と過ごした8年間を無駄にはしていない。

 3度の3冠王を獲得した偉大な打者。監督就任直後は、オレ流打撃理論を理解できずにいた。「最近ですよ、ホント。監督がボクに言いたかったのは、こういうことなんだって」。怒鳴り、突き放された経験を経て、落合のエキスを吸収した。

 「何も言うことなし。いい仕事してる」。恒例の3秒会見。落合監督の目尻が下がっていた。手塩にかけて育てたわが子たち。苦悩に満ちた成長過程が頭をよぎる。最後は笑って別れよう。敗北の美学を知らないオレ流指揮官が、ゴールへと導く。
【写真】お立ち台でファンの声援に応える荒木とネルソン(撮影・辰巳直之)


落合が監督になって、目標は日本一だ、と言った時、正直、ピンと来なかった。僕は日本一よりも、連覇が見たかった。

2004年:まさかのセ・リーグ制覇
2005年:大砲ウッズを獲得しながら二位
2006年:再びリーグ制覇、阪神の猛追振り切りオレ流安堵の号泣
2007年:すべてにアレックスを凌ぐと噂された韓国人を獲得しながら二位(日本一達成)
2008年:三位
2009年:読売の独走を許し二位
2010年;8ゲーム差から大逆転でみたびリーグ制覇

こうして2011年は、落合率いるドラゴンズにとって連覇への3度目のチャンスだ。球団史上初の連覇を成し遂げてクビになって伝説になるのか。背広組は祝勝会でどういう顔で落合と目を合わせるのか。胸熱。

というわけで、もう継続を諦めかけていた貯金グラフですが、2011年版、ついに追いつきましたよ。
[PR]
by nobiox | 2011-10-09 18:50 | ├野球 | Comments(2) |
Steve Jobs 1955-2011
ジョブズ死んだのか。

我ながら驚いたことに、ジョンレノンが死んだ時よりもボブ・マーリーが死んだ時よりもジョー・ストラマーが死んだ時よりも仰木彬が死んだ時よりもフリッパーズギターが解散したときよりもゆらゆら帝国が解散したときよりも岡崎京子が事故にあった時よりもショックを受けている。
c0070938_19413152.jpg

[PR]
by nobiox | 2011-10-06 17:22 | ├Mac OS X | Comments(0) |
|