<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
スマートプレイリストのインターフェイス : 試案
c0070938_12583318.jpg

iTunes 9 ではスマートプレイリストの各行の右端、従来からあった「−」「+」ふたつのボタンに「…」というボタンが加わった。この「…」を押してみると、
c0070938_12585681.jpg

こうなる。つまり、「子供」を持った「親」項目を作るためのボタンだ。「(A + B) * C」というような処理を可能にするための「括弧でくくる」機能とも言える。これによってひとつのスマートプレイリストの中で「and」と「or」の混在が可能になった。しかし、何故ダイレクトに「子供項目を作る」のでなく、「子供を持った親項目を作る」のだろうか。何かこうでなくてはならない理由があるのかも知れないが、今のところ思いつかない。それよりも、いきなり2行増えていきなりボタンが9つになるのでびっくりしてしまう。ダイレクトに子供項目を作ってくれた方が、作業の順番が考える順番と一致して気持ちよくないですか。というか、ダイレクトに子供項目を作ることができない、というのがよくわからないのである。

そして、ダイレクトに子供項目を作るのであれば、そのボタンは「−」「+」に並べておく必要はなく、ポップアップメニューの中に置けばいいと思う。つまり、こんな感じじゃどうでしょうか。
c0070938_12591142.jpg
c0070938_12592818.jpg
c0070938_13402772.jpg
c0070938_13404565.jpg
c0070938_13405721.jpg

このケースだけで言えば「ジャンルが」を先に選んで、「である」の方のポップアップメニューで「以下のいずれかである」を選択する方が、より自然なわけだが、「ジャンルがJazzで」「BPMが○○以下」とかいう需要もあるわけで、そうもいかない。
[PR]
by nobiox | 2009-12-22 13:07 | ├Mac OS X | Comments(0) |
iTunes のスマートプレイリストで「すべての」と「いずれかの」を混用する
iTunes 8まで、ひとつのスマートプレイリストの中では「すべての」か「いずれかの」のどちらかしか使えなかった。例えば『ジャンルが「Jazz」か「World」で、レートが4つ以上の曲を集める』程度のことが、なんと、できない。それを実現するためには例えば、自分が設定している「Jazz」「World」以外のジャンルをすべて列挙して

「ジャンルがRockでない」かつ
「ジャンルがR&Bでない」かつ
「ジャンルがPopでない」かつ
「ジャンルがClassicでない」かつ
「ジャンルがHip-Hopでない」かつ
「ジャンルがOldiesでない」かつ
「ジャンルがAlternative & Punkでない」かつ
「ジャンルがAcidでない」かつ
「ジャンルがHouseでない」かつ
「ジャンルがElectronicでない」かつ
「ジャンルが歌謡曲でない」かつ
「ジャンルがUnclassifiableでない」かつ
「レートが4つ以上」

というような長大な指定をする必要があった。あるいは、まず「ジャンルがJazzまたはWorld」というスマートプレイリストを作り、さらに「"JazzまたはWorld" のスマートプレイリストに含まれ、かつ、レートが4つ以上の曲」というもうひとつのスマートプレイリストを作る必要があった。いずれにしても、あまりスマートなやり方とは言えない。

iTunes 9 ではスマートプレイリストの各行の右端、従来からあった「−」「+」ふたつのボタンに「…」というボタンが加わり、これによって、ひとつのスマートプレイリストの中で「and」と「or」の混在が可能になった。これは iTunes 9 の最も重要な新機能、というか正常進化、ではないかと思うんだが、アップルはこの点をほとんど宣伝していない。それどころか、9月9日のリリースから3ヶ月以上たった本日現在に至っても、ボタンがふたつの旧バージョンのスクリーンショットを平気で掲げている。このスクリーンショットを見て、アップル社員の誰ひとりとしておかしいと思わないのだろうか。

で、アップルの宣伝不足も理由のひとつなのかも知れないが、この「…」ボタンの使い方はいまいち(私のオツムでは)わかりにくい。例えば下図Aだと「ジャンルが○○または△△」または「レートが4以上」となり、全ジャンルからレート4以上の曲が集まってしまう。「ジャンルが○○または△△」かつ「レートが4以上」という期待通りの結果を得るには、Bのようにしなくてはならない。「すべての」を先に持ってくるのがポイントだ。
c0070938_20213284.jpg
c0070938_20334132.jpg

・・・と、きのうまで思っていたのだが、今日、「Kishin Design」さんというブログで正解を知った。Cだ。いや「正解」なのかどうかは知らないが、なんとなく筋が通っていて、納得がいくではないか。これを見てあらためて考えると、「"すべての" が先で "いずれかの" が後」という理解はピンぼけであって、えーっと、いや…。考えがまとまらないのでやめておこう。とにかくKishin さんによると、5階層まで入れ子にできるらしい。
c0070938_202228100.jpg

[PR]
by nobiox | 2009-12-20 20:37 | ├Mac OS X | Comments(4) |
|