<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
レザボア・ドッグス
★★★………おもしろかった

Wikipedia によれば「Reservoir Dogs」とは「掃き溜めの犬たち」の意味だそうだ。強盗団が宝石店を襲撃するが警察の待ち伏せに会い、失敗に終わる。何人かは撃たれて死んだ。仲間内に密偵者がいるのではないか。いるに違いない。いるとしたらダレなんだ。そういうやり取りのなかで「警察のイヌ」という台詞が何度も出てくる。タイトルにある「ドッグス」がすなわちこの「イヌ」なんだろうか。

違う。「Dogs」は複数形だが、密偵者はひとりだけだ。そもそも「イヌ」は英語で「dog」なのか? 聴き取る能力はないので、DVDの英語字幕モードを見てみた。

「I say the plan becames null and void once we find a rat in the house.」
「(いまさら計画だって?)裏切りで計画なんてご破算さ」
「We discovered one of the team was an undercover cop.」
「(ふたつ前の仕事の時、チームに)警察のイヌが入ってた」
「So who's the rat this time ?」
「(今回は)誰がイヌかな?」
「Somebody's a fucking rat.」
「誰かはイヌだぜ」

「イヌ」の意味で使われている主な単語は「rat」であった。ネズミ。なるほどねえ。英辞郎には

rat

【間投】
くそっ
・Rats! : くそっ!

【名】
1.ネズミ◆「卑劣」「汚い」「臭い」という悪いイメージがある
・A rat looks like a mouse, but larger. : ネズミはハツカネズミに似ているが、もっと大きい。
2. 嫌な[卑劣{ひれつ}な]やつ
3. 密告者{みっこく しゃ}、スパイ、裏切り者{うらぎりもの}
4. 〔髪にボリュームを持たせるための〕入れ毛、かもじ

【自動】
1. ネズミを捕まえる
2. 卑劣{ひれつ}なことをする
3. 密告{みっこく}する、スパイする、裏切る{うらぎる}
4. スト破りをする

とある。「undercover」というのも出て来るが、これは「秘密の」を意味する形容詞らしい。
[PR]
by nobiox | 2007-12-22 19:02 | ├映画 | Comments(0) |
荒井または松任谷由実「恋人がサンタクロース」
そういうわけで甲斐バンドについて考えながら歩く12月下旬の新宿の街、クリスマスふうな飾り付けの元、女声ボーカルのクリスマスふうな歌が流れていた。どうということのない冬の一日なのに、恋人と過ごす特別な日だなんて誰が決めたの、たかが冬の一日じゃない、べつにどうってことないじゃない、というようなことを歌っている。はじめて聴く歌だがまったくその通りだ。

と、言いたくなるが、しかし。その声その歌い方は明らかに、ユーミンその人であった。検索してみると「忘れかけたあなたへのメリークリスマス」という曲らしい。1997年。なんだそりゃ。お前が言うか。クリスマスというのは恋人と過ごす特別な日だ、という認識を日本の社会に植え付けた決定打は、荒井または松任谷由実がうたった「恋人がサンタクロース」(1980)だろう。「誰が決めたの」って、アンタじゃないか。

まあしかしそれはともかく、「恋人がサンタクロース」は名曲だ。「春だったね」がディランで「テレフォン・ノイローゼ」がストーンズで「かぶとむし」がトッド・ラングレンなら、「恋人がサンタクロース」はホール・アンド・オーツだと思う。どこが何の曲に似てるという訳じゃあないけど、「ホール・アンド・オーツいいよなあ」という気持ちがベースにあってできた曲ではなかろうか。なんとなくそう思う。違ってたら、すいません。
[PR]
by nobiox | 2007-12-22 18:50 | ├音楽 | Comments(0) |
吉田拓郎「春だったね」
1972年のことだ。自宅で Bob Dylan の「Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again(1966「Blonde On Blonde」収録)」を聞いていた吉田拓郎25歳(26歳?)は、ちくしょーカッコイイ曲だなあ、こんな曲をオレも書いてみたいぜ、と思いつつ、ふと見るとたまたま手元に何かの日本語の歌詞がある。

拓郎:「でぼくはね、この曲はなんていいんだろうと思ってね、うちで何回も聴いたんですね、素晴らしいと。はー。こんな曲ぼくも作ってみたいなあと思っているうちにね、たまたまね、詞があったんですよ、ある女の子が書いた詞が。そしてねそれをなんとなくその詞を読みながらね、そのボブ・ディランの曲を聴いているとね、詞がぴったり合うんです。これは詞にも問題がありますね。偶然あった詞が悪い。
それでね、もう合っちゃったからね、これはもう合ったものはしょうがないじゃないかといろいろね、だってそれはやっぱり最初に作った段階でね、作品というのはその段階で評価すべきものとぼくは思ってますからね、だから合ったものはこれは今さらとやかく言ってもしょうがないじゃないか、だからこれはもうレコードにしてしまえとこんな感じでやってしまったんですね」
小室:「前置きが長いな」
拓郎:「でもあの似てますね」

「窓を叩いてぇ」というところが何度聴いても笑える、不朽の名曲「春だったね」はこうして生まれた。実際、替え歌と言ってもいいくらいに似ている。気持ちはわかる。「Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again」が何番まであるか数えたことはないが、一番が終わると間をおかずに二番、二番が終わると間をおかずに三番、三番が終わると間をおかずに四番という調子で、同じ演奏が延々と続く。いかにカッコイイ曲とは言え、英語がわからん身ではちょっと途中で集中が切れる。いかにも、試しにこの詩を乗せてみようか、となりそうな曲だ。
[PR]
by nobiox | 2007-12-22 18:16 | ├音楽 | Comments(0) |
ネタバレ『イニシエーション・ラブ 』
『このミステリーがすごい!』2005年版の12位にランクインした作品だそうだ。しかし読んでみるとどこがミステリーなんだかわからない。Amazon のレビューを見ると誰も彼もが「とにかく最後の2行を最後まで読むな」と言ってるので、我慢して最後まで読むと、あー、なんだそういうことね、というつまらないオチがある。ぜんぜんおもしろくない。しかし、この本のおもしろさにじわじわ気付くのはその後だ。と、いうことは。

ということはつまり、オチを知ってから読んでもじゅうぶんおもしろいし、それどころか、むしろ知らずに読んだ1回目は時間の無駄だったとすら言える。だってぜんぜんおもしろくなかったんだから。

しかし私はそう思うわけだが、文庫のオビに「評判通りの仰天作(読売新聞書評より)」とあるのを見ても、騙される快感を味わった人も現に多いらしいので、この本を読んでみるつもりの人は、この先は読まない方がいいですよ。



この小説については、ゴンザさんの解説がおもしろい。石丸美弥子の元彼「天童」は、美弥子の前には美弥子の姉とつき合っていたのではないか、など、目からウロコだ。私も真似て、成岡繭子視点で並べ直してみました。

マユの日記(ページ数は文春文庫のもの)


▼1987/06/10とかそのへん:たっくんの工場研修が終わる。ひさびさだったが、生理。(p193)

▼06/20(土):たっくんが東京に転勤だと聞かされる。早くても二年。三年の可能性も。動揺。ラブホ。いつになく燃える。(p139)

▼06/30(火):たっくん東京の寮に引越し。(p142)

▼07/02(木):ハタチの誕生日。たっくんが東京からほんとに来てくれた。『男女7人』のブーツ型ジョッキ。それに、それに、ルビーの指輪。こんな嬉しい誕生日は、もう一生ないかも知れない。(p145)

▼07/07(火):たっくんが寮のそばに駐車場を借りたらしい。月三万。土曜には車取りに来るって。(p159)

▼07/10(金):ユッコ、ナッチャン、カズミに誘われて合コン。夕樹くんっていうコがちょっと気になる。

▼07/11(土):たっくん。お泊まり。たっくんは疲れているようで、ロールキャベツも半分残した。翌日車で東京へ。(p162)

▼07/18(土):たっくん車で帰郷。雨。2人で伊勢丹。水着試着。本屋。お泊まり。(p180)

▼07/21(火):今年の水着を買ったと、たっくんに Tel。週末に海に行こうと約束。(p183)

▼07/24(金):たっくん、東京で入院(突発性難聴)。海はキャンセル。

▼07/28(火):たっくんから退院のTel。生理が遅れている。

▼08/02(日):夕樹くんたちと海へ。今年の水着を最初に見せるのはたっくんと決めているので、去年の水着(白に花柄のワンピ)を着ていく。煙草を口実に夕樹くんに Tel 番教えて、ちょっといい感じ。

▼08/08(土):3週間ぶりに来ると言うたっくんをずっと待つが、来たのは夜だった。帰省ラッシュらしい。夕樹くんたちと行った水着の痕に、たっくんのキス。お泊まり。まだ生理が来ない。

▼08/09(日):たっくんの寝坊&渋滞で海をあきらめる。やっぱりたっくんは疲れているようだ。6月を最後に生理がないことを打ち明ける。結婚しようと言ってくれたのは一瞬うれしかったけど、やっぱりそんなの無理だよ。どうしよう。夜、初めて夕樹くんから Tel。たっくんが帰ったあとでよかった。デートに誘う。

▼08/14(金):夕樹くんと初デート。マックとかでいいですよ、って言ったら「あ、じゃあマックにしましょう」って信じらんねー。免許も持ってないと言う。眼鏡も服もなんとかならんのか。だけどこういうウブなひとも新鮮かも。オシャレの話をしてる時、あやうく夕樹くんのことをたっくんと呼びそうになり、焦る。こっちのリードでビール飲みに移動。金ギョーザ。夕樹くんは本好きらしい。こっちのリードで本の交換提案。初めてマユちゃんと呼んでくれた。まだ生理が来てないので、大丈夫だは思うがいちおうこの日、煙草は自粛。

▼08/21(金):夕樹くんと2度目のデート。なんとコンタクト。おまけに自動車学校に通い始めたと。強引な理屈で「たっくん」と呼ぶことに決める。泡坂妻夫という人のミステリーを4册貸してくれた。文庫本だと思っていたら大きい本で、重かった。

▼08/22(土):たっくん(辰也)3週間ぶりに帰郷。生理は来ない。明日たっくんの車で病院へ行くことに決める。空気が重い。(p.213)

▼08/23(日):炎暑。産婦人科へ。妊娠3ヶ月と判明。部屋に帰り、たっくんと言い争い。夕樹くんが貸してくれた本にまで下らない文句言われ、気まずいまま、たっくん東京へ。後で Tel 来て、結局「堕ろそう」と。1人で泣く。

▼08/26(水):何も知らないたっくん(夕樹くん)に Tel して、金曜のデートをキャンセル。

▼08/29(土):堕胎手術。一泊入院。

▼09/04(金):何も知らないたっくん(夕樹くん)と3度目のデート。「便秘で入院してた」と言ってごまかす。心置きなくタバコを吸う。辰也も夕樹くんもどっちも「たっくん」なのは多少変な感じではあるが、すっごいラク。

▼09/05(土):今週、たっくん(辰也)は来なかった。仕事が忙しいと言っている。

▼09/11(金):たっくん(夕樹くん)と4度目のデート。相変わらず何もして来ない。

▼09/12(土):今週もたっくん(辰也)は来なかった。もうダメなのかも。ダメなんだろうか。ヒドイよ。会いたいよたっくん。最近ふとんの中で「会いたいよたっくん」と思うとき、どっちのたっくんのことを考えているのか、自分でわからなくなっている時がある。とにかく会いたいよたっくん。

▼09/15(火):敬老の日。たっくん(夕樹くん)たちとテニス。会いたかったのに、たっくんとのことはみんなには内緒で、ちょっといろいろ気まずくて微妙な雰囲気に。部屋に帰ってからたっくんにフォローの Tel。うまく誘導してようやく告白ゲット。勢いで部屋に呼ぶ。部屋に来てもまだグズグズしているので、こっちから迫ってキス。Tel 番教えるのもデートするのもマック入るのもビール行くのも、告白も部屋に来るのもキスも、なんでもこっちが決めないと進展しないのが情けない。まだグズってるので、こっちから後ろに倒れてひきずり込み、ようやく初**。

次からはぜったいゴム用意しとけ、と念押し。だって傷付くのはいつだって女のコなんだよ。外に出せばゼッタイ大丈夫ってわけじゃないんだよ。「経験者は語る」だよ。もちろん語らなかったけど。ちょっと痛そうなフリしたら、そのまんま信じたようだ。

▼09/18(金):たっくん(夕樹くん)とデート。しかし、明日あっちのたっくんが来るのだから、今夜こっちのたっくんを部屋に上げるのはリスクが大き過ぎる。こうなった以上、これから毎週そういうニアミスの危機が・・・と悩んだ挙句、次からは金曜はやめて木曜に会いましょう、ということに。金曜は男女7人観たいから、と言っておく。じゃあ毎週一緒に観ようよ、とか言い出さなくて助かった。

▼09/19(土):たっくん(辰也)。あれから3週間ぶり。もう来てくれないのかと思っていた。わーん(涙)。三保の海岸までドライブ。ラブホ。燃えた。
たっくんたっくんたっくんヽ(;≧∀≦)ノ
毎週はキツイから、静岡に来るのは2週間に1度にする、ということに。(p.232)

▼10/3(土):たっくん(辰也)。お泊まり。

▼10/9(金):今日から『男女7人秋物語』。遠恋中の大竹しのぶが、いけないと思いつつも別の人を好きになる。すごいわかるー。遠距離って、やっぱり、つらいよね。しかも隔週と決めたのだから、あしたは来ない。

夕樹くんと会うのを木曜に変更したのも失敗だったかも知れない。隔週になるとわかっていたら、あっちのたっくんの来ない週にこっちのたっくんと会えばよかったのではないか。「一号」→「二号」→「一号」→「二号」ってローテで。そんな都合よくいかないか。でもたっくん(辰也)来ないんだから、あしたたっくん(夕樹くん)に Tel してみようかな。たっくん(夕樹くん)いるかな。たっくんに会いたいな。なに着てこうかな。

▼10/10(土):体育の日。昼ごろ、たっくんに Tel。洗濯してたらしい。初めて部屋に行く。スゴイ本の量。ファミコンで遊ぶ。二人きりの部屋でファミコン、ってとこまでこっちが段取ってあげてるんだから肩くっつけて来たりとかすればいいのに相変わらず。しょうがないから目が痛いとかなんとか適当言ってちょっと無理やりにキスに持ってく。でも男ってちょっとウブい方がいいかもしれないし。辰也なんて東京で何してるんだかわかりゃしないんだから。知らないんだから。辰也のせいなんだから。だけど今日は生意気にバックとかさせられて、マジ殺意湧いた。こっちから持ってかないとムード作りもキスもできないくせに、ヘンなことからヤリたがるなっての。竿竹屋の声がまじウケる。これから隔週でこっちのたっくんちに行こうかな。だって隔週でしかあっちのたっくん来ないんだもの。

▼10/17(土):たっくん(辰也)。

▼10/24(土):たっくん(夕樹くん)の部屋。ほんとに毎週代わる代わるになってしまった。

▼10/31(土):たっくん(辰也)。今夜ショックなことがあった。たっくんが私のことを、知らない女の名前で呼んだ。信じらんない。それでも「中学の時の同級生だよ。ミヤコ・ヨシノリって。なんで出て来たのかな、っかしーな」とか誤魔化してくれればいいのに、もう固まっちゃってんの。浮気はゼッタイ許せないけど、それ以上にツライのは、マユに対する気持ちの糸が切れちゃってるってことだよ。だって、何がなんでもマユのこと守りたかったら、「ミヤコ昆布って案外うまいよな」とか、どんなに無理目でもなんとか切り抜けようってするよね。マユなんか「ズボンのタックが・・・」とかなんとかわけわかんないこと言っちゃって、でもちゃんと切り抜けたじゃん。それか、東京の女のことも「マユ」って呼ぶことに決めとくとか。ありえないか。でもほんとに大切に思う気持ちさえあれば、人生ってなんとかなるんだよね。なのにたっくん逆ギレ。

マユのこと裏切ったのたっくんじゃん。なのにたっくんがキレてマユの鏡台蹴とばすとか、まじ意味わかんないですけど。マユはたっくんの子供まで堕ろしたんだよ。たっくんを愛して、たっくんがパチンコしてる間に検査して、たっくんのために一方的に傷付いて、捨て台詞は「じゃーな」だって。靴はいてドア「バタンッ」だって。沢田研二かっつーの。あれは女の方が出てくんだっけか。

あなたは都会の色に染まって、マユを忘れて変わってゆくのね。よかったじゃない。ミヤコさんって、そんなたっくんにお似合いの名前だわ。マユが静岡で歯型とってる間に、たっくんは代官山やパリやリオ・デ・ジャネイロで毎日愉快に過ごすのね。もう帰って来ないのね。静岡じゃパチンコ屋しかないもんね。都会にはミヤコさんがいるもんね。ミヤコだなんて、キャバ嬢みたいな名前。お似合いだよたっくん。もうお終いだね。ルビーの指輪は送り返すよ。「オレに返すつもりなら捨ててくれ」とか言うかしら。さよならたっくん。あれは目映い陽の中で誓った、愛の幻だったのね。よかった、あしたが日曜で。今夜はきっと目が腫れちゃうよマユ。可哀想過ぎるよマユ。ヒド過ぎるよたっくん。たっくんたっくんたっくん。

▼10/07(土):たっくん(夕樹くん)の部屋。ひときわ燃える。

▼11/14(土):たっくん(夕樹くん)が免許とった。初ドライブ。いきなりラブホ。おー、なかなかやるようになったじゃん男子。ラブホの駐車場にバックで車入れるたっくんの横顔に、ちょっとトキメキました。たっくんってスゴイ。スゴイスゴイスゴイ。クリスマスの話。今ごろホテル取れっこないって。
と、思ったけど、だけどそう言えばイブの夜たっくんが、たっくんって辰也だけど、ターミナルホテルとってくれてたんだっけ。たっくん、あれキャンセルしたかな。でもまさかね。

だけどたっくん、って夕樹くんが、ターミナルホテルの予約取れたって。電話。笑っちゃう。考えてみればもともと私のために押さえてあったんだから当然よね。それに、押さえてくれてたのもたっくんなんだし、たっくんは天下の回りものって、こういうことを言うのね。運命なんだきっと。やっぱたっくんってスゴイ。やっぱりきっと運命の人なんだ。

▼11/28(土):たっくん。

▼12/05(土):夜中、無言電話があった。「たっくん?」と聞いたら切れた。たっくんに確かめたけど、違うらしい。もしかして辰也だったのか。やっぱりまだ私のこと忘れられないのか。でも自分だってことを気付かれるのが怖くて、慌てて切ったのか。かわいそうだけど、もう遅いよたっくん。ごめんね。たっくんが悪いんだよ。

▼12/18(金):『男女7人(秋)』最終回。さんまとしのぶのラストの言い合いとか、最高。すごいいいなあ、って思う。たっくんと観たかったな。

▼12/24(木):ターミナルホテルでたっくんとイブ。シャンパン。たっくんたっくんたっくん。好き好き好き。世界中でいちばん好き。


ゴンザさんによると、「繭子の妊娠の相手は辰也でも夕樹でもない第三の男」説とか、「北原が第3のたっくん」説とか、「妊娠は辰也と別れるために打った偽装。いくらなんでも堕胎直後の浮気は不自然」説なんかもあるらしい。なるほど、どれもないとは言えない。

この本の感想として「女は怖い」という人が多いけど、それはちょっとどうかと思う。「悪い男」と「悪い女」のどっちが多いかと言ったら、圧倒的に前者ですよ。だから「男は怖いが、だからと言ってすべての女が怖くないわけではなく、怖い女もいる」と言うのが正しい。

[PR]
by nobiox | 2007-12-01 18:43 | ├読書日記 | Comments(0) |
|