<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
対トリニダード・トバゴ親善試合 | 2006/08/09
スンゲー。日本代表の試合を見てあんなに鳥肌立ったのは初めてだ。

サッカーを見てて典型的に盛り上がるのはゴールシーンだが、ゴールシーン以外で盛り上がるのは個人技だ。突っ立った姿勢からいきなり出るラモスのキラーパスとか。アルシンドのドリブル加速とか。ストイコビッチとか。レオナルドとか。中田とか。ジダンとか。俊輔とか。人を小馬鹿にしたような小笠原のロングパスとか。感動させてもらったことは何度もある。だけど「チームプレー」で鳥肌立った経験はほとんどない。ほとんどないということは少しはあるのか、と言われれば、少しはあるんだが(トルシェ時代の日本代表にそういった感動をもらった記憶も何度かある。よくは覚えてないけど)。

私はJリーグの試合もほとんど見てないくせに日本代表のことは気にかけているという典型的な偽サポーターなんだが、そういう訳で日本代表の試合はけっこう見てるような気がする。私が知っている日本代表の攻撃パターンというのは、サイドバックが駆け上がり、ウラを狙った長いパスを受け、そこで歓声が起き、サイドバックがゴールライン際からとにかくセンタリング、あとは何か素晴らしいことが起きることを祈る、というのか、そうでなければラモスか中田か俊輔(か磯貝か岩本)が何か鮮やかなことをしてくれるのを待つか、でなければそのいずれでもない奇跡を待つか、というのしかなかった。[2006/08/09 vs. トリニダード・トバゴ親善試合] の出だしで見たものは、そういうのとはぜんぜん違っていた。

かつてオフトはいくつかの耳新しい概念を日本サッカー界にもたらした。「アイコンタクト」とか。「三角形」とか。イヤ私はサッカーのことをよく知らないので、それらはオフト以前の日本サッカー界にも普通に存在したのかも知れないが、私の理解ではそれらはオフト経由の言葉だ。「三角形」の意味(なり、効能なり)は、私にもアタマではわかる。しかし、うわっ、これが三角形か、と実感したのはこの2006年8月のトリニダード・トバゴ戦が初めてだ。AがBにパスを出すと同時に(あるいはそれより先に)CがBを追い越して走り、BがC(の走ってる方向の予測延長線上)にパスを出すより前にAがCを追い越して走る。CがA(の走ってる方向の予測延長線上)にパスを出すより前にBが・・・以下略。その結果、選手と選手を結ぶ見えない糸が延びたり縮んだりしながら前へ前へとボールを運んで行くように見える。それがやたらに速い。その間に、というかそれと同時に、DやEやFやGがフィールドに散開する。スンゲー。チームという名の透明な有機体が芝生の1メートル上空を滑って飛んで行くかのようだ。自分で書いてて我ながら恥ずかしいが。恥ずかしさは恥ずかしさとして改めて反省するとして、それは私の問題であって日本代表チームとは関係ない。とにかくあんなのは日本代表の試合では初めて見た。「日本代表の試合では」ということは日本代表以外の試合では少しはあるのか、と言われれば、少しはあるような気もするけど、私にはよくわからない。しかしそんなことはどうでもいいのである。とにかく日本代表の試合では初めて見たんだから。

あれはミッドフィルダーでアレがフォワード、あっちがディフェンダー、というような意識を試合中ぜんぜん感じなかったのも初めてだ。こっちが個々の選手をほとんど知らないせいかも知れないが、それが理由のすべてとも思えない。



今朝(2006/08/10)日刊スポーツを買って見たら、セルジオ越後が「勝ったという結果は良かった。しかし内容を見ると輝いたのは『古い井戸』のサントスだけ」とか書いてるんだけど、信じられん感想だ。もしかしてセルジオ越後ってバカなのか? しかしこれはこれで、まあいろいろと、えーともうちょっと語りたい気はするが、まあ、とにかく、感動しましたよ私は。典型的な偽サポーターの感想なんだけど。

| 見物人の論理 | 処女作に作家のすべてがあるのなら。|
[PR]
by nobiox | 2006-08-11 02:59 | ├野球以外 |
『落合博満のトータルベースボール』
トータルフットボールという言葉がある。私のようなサッカー門外漢には理解しづらい概念だが、言葉の響きが魅惑的だ。Wikipediaの記述を私なりにチョー単純に理解すると、「ポジションに捕われず、全員がチーム全体のことを意識しつつ有機的に動き回るサッカー」のことらしい。

最大の特徴は“ポジション”が存在しないことである。当時のオランダ代表にとってポジションとは、「キックオフ時の立ち位置」というだけのものであり、攻撃時には選手は積極的にボールを持つ選手を追い抜いて前線に飛び出し、守備時にはFW登録の選手もカバーリングに入る。サイドバックの選手が前線へ飛び出せばウイングの選手がそのポジションを埋めに下がる。まさに全員攻撃・全員守備である。
このサッカーを支えたのは、選手全員の高い技術、戦術眼、スタミナもさることながら、全員が高い守備意識を持っていたことも忘れてはならない点である。

と書いてある。という訳で、私は本のタイトルを思いつきました。『落合博満のトータルベースボール』。カッコイイでしょう。とりあえずタイトルだけ。内容は・・・誰か書いてくれないものか。(続くかも知れない)

よし、オレが目次の構成を考えてみた、とか、オレ流全員守備についての具体的論考とか、なんかお考えのある方はじゃんじゃんコメント欄に長文書いてやってください。無期限に募集します。落合の野球はここがつまらん、というようなネガティブなコメントも歓迎します。
[PR]
by nobiox | 2006-08-06 23:16 | ├野球 |
|