<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
ビデオ判定
巨人は6月12日、東京・大手町の球団事務所で会見を開き、11日のロッテ戦(千葉マリン)で、李承ヨプの2ランが取り消された原因となった小関の走塁について「三塁ベースを踏んでいた」と明らかにした。11日夜にテレビ放映された、小関が右足かかとで三塁ベースを踏む映像も報道陣に公開し、13日にもセ・リーグ連盟に抗議する方針。原監督も、ロッテ・バレンタイン監督へ再試合の開催を求めた。

1本のテレビ映像が、小関の無実を物語っていた。11日夜にフジテレビ系「すぽると!」で放送された映像が、この日夕方、球団事務所で報道陣に公開された。確かに、小関は、右足のかかとでベースを踏んでいた。「明らかな誤審である。可能であれば再戦を要求したいが、試合は成立しているので、セ・リーグに厳重に抗議ということになる」清武球団代表は厳しい口調で話した。

問題のシーンは1—1で迎えた3回2死一塁で起きた。李が右中間へ右越え2ランを放ったが、西本三塁塁審は、走者の小関が三塁ベースを空過したとして単打に訂正。この2得点は取り消された。原監督はベンチを飛び出し抗議したものの、判定は覆らなかった。しかし映像が全国放送されたことで、球団が事実確認に動いた。

同代表は「審判の権威だけでなく、小関選手、李選手の名誉を傷つけたことに猛省を促したい。連盟には口頭で抗議し、あした(13日)文書で正式に抗議します」と説明。審判もベースから遠いところで見ていたとも主張している。

原監督は13日のオリックス戦に備えて福島へ移動。小関がベースを踏んでいたと知り、悔やみきれない表情だった。「審判員として功績をお持ちの西本審判員ですが、歴史的かつ考えられないミスを犯してしまいました」と失望感をあらわにした。

願わくば再戦を。指揮官は「時を戻し、その時点から再試合を要求したい。幅広い視野、尊敬できるバレンタイン監督なら私の気持ちも伝わると信じている」とも話した。試合は成立しているとはいえ、悔やんでも悔やみきれない一戦。球団は今後、改めてビデオ判定制度の導入なども訴えていく方針だ。(スポニチ)


誤審について、論理的には

A:誤審は積極的に歓迎。
B:誤審はイレギュラーバウンドみたいなもので、いいも悪いもない。
C:誤審は可能な限り減らすべき。

という三種類の考え方があり得る。しかし、論理的にはそうなるが、実際にAを主張する人はまずいないだろう。Cを主張する人はたくさんいる。私もC派だ。そして、Cを採用しても、B派からの文句は特にない筈だ。従って、誤審は可能な限り減らすべきだと言える。

誤審を減らすためにテクノロジーを活用すべし、という意見に対しては、いろんな反対意見があるようだ。

▼例えば、んなことしたら人間味が失われる、という意見があるが、ちょっと意味がわからない。2006年6月27日の朝日新聞朝刊にも、「人間味こそ野球の魅力」と題した、西村欣也編集委員の署名コラムがある。人間味って、「時には間違える」ことを指すのだろうか。だとするとそういうこと言う人は「誤審積極歓迎派」なんだろうか。理解できない。テニスの大きな大会では、サーブがフォールトだと赤外線センサーでブザーが鳴る。水泳ではタッチ板で着順やタイムを判定する。競馬や競艇では写真判定が常識化している。陸上の短距離走なんかも、大きな大会になると現在はたぶん、手で測ってるのではないんじゃないか、知らないけど。もし手で測ってるとしても、ストップウォッチは使ってるわけで、体内時計の目分量で測定してるわけじゃないだろう。大相撲でもビデオ判定は導入されている。西村氏のような「人間味」論者はそういうものすべてに反対なんだろうか。そういうものすべてに反対でないとしたら筋が通らないし、そういうものすべてに反対だとすると、理解できない。

▼例えば、んなことしたら試合の運行が遅滞して興趣が削がれる、という意見がある。たしかに、あまり頻繁に遅滞すればゲームの興趣が削がれるのは当然だが、判定に対する抗議で1時間にわたって試合が中断、などという事態がなくせるとしたらむしろ改善と言えるハズだ。それ以上に、あまりに怪しい判定がすっきり決着するなら逆にゲームは救われるわけで、そのことのメリットは大きいだろう。そこは程度問題であり、技術の問題でもある。遅滞するなら、あまり頻繁にならないようなルールを設けるべきだし、技術を導入すれば必ず時間がかかる、というものでもない。遅滞なく判定結果が出るような技術があるとすれば、そんな心配はしなくていいわけだ。テニスの赤外線ブザーや水泳のタッチ板なんかは、遅滞を招くどころかむしろ、迅速化に貢献しているように見える。

▼野球の場合現実的に不可能だ、という意見がある。これは予算の問題でもあり、技術の問題でもあり、程度問題でもある。例えば「右翼用と左翼用二台のカメラを用意して、ホームランのファール判定だけはビデオ参照可能な体制を作る」といったプランは可能なわけで、あらゆる面で本質的に不可能だ、ということにはならないだろう。

▼野球の場合リスタートの設定がむずかしい、という指摘がある。例えば2006年6月14日、バレンタイン監督は「原さんの気持チハ分カリマスネ−。でも、野球はプレーが続く競技です。1死一、二塁でセカンドゴロだったとします。捕球したセカンドが二塁へ送球し、ショートが一塁へ転送してアウト。デモ、ビデオで判定が覆ったときに二塁走者が三本間に進んでいたら、どうしますか? どうしようもできないのが野球デス」と語った。これは重要で本質的な指摘だが、これをもってテクノロジーの導入を全否定するような話ではない。

稲見さんは「プロ野球に、ビデオ判定は要らない?」で、「裁量でリスタートを決めたって、誤審のまま試合を続けるよりは格段の公平感が生まれるのだから、やっぱり今よりは相当マシになるはずだ」と述べている。これにはちょっと意表を突かれたが、なるほど、考えてるとたしかにそんな気もしてくる。

リスタートに裁量の余地のないようなプレーにのみ、その手の判定を認める、という考え方もある。「セットポジション」には「NFLでもすべてのプレイが「チャレンジ」の対象になるわけではない。だから、野球の場合にも対象範囲を制限しなければならないだろう。その場合の目安は、判定が覆されてもプレイの再開に支障がないケースだ」とある。例えば「右翼用と左翼用二台のカメラを用意して、ホームランのファール判定だけはビデオ参照可能な体制を作る」といったプランは可能なわけで、その問題に限るとすれば、リスタートになんの問題もない。ちなみにこのバレンタイン発言は「ホームランの時のベース踏み忘れ事件」を巡ってのものだ。ここでバレンタインが挙げた例は確かにリスタートがむずかしいが、「ホームランの時のベース踏み忘れ事件」なら、全くむずかしくない。テクノロジー導入に関しては「オール・オア・ナッシング」ではないのだから、むずかしくない事例を考えるためにわざわざむずかしい例の存在を指摘しなくとも、最初からむずかしくないケースのみ扱う、という解決策もあり得るわけだ。(続く・予定)
[PR]
by nobiox | 2006-06-27 06:19 | ├野球 |
『野球術』
『野球術』。ジョージ・F・ウィル著/芝山幹郎訳/文春文庫2001年刊行/上\667/下\667。いやー、おもしろいですよコレ。びっしり文字が並んでるので全部読もうと思うとプレッシャーだが、順不同の拾い読みでも充分おもしろい。

▼「攻めのピッチング」とは打者を力でねじ伏せることではない。手を替え品を替えて打者を疑心暗鬼に追い込み、翻弄することだ。同様に、当てたい一心でなんでもかんでも振り回しボール球に手を出すのは「攻めのバッティング」と呼ばない。それこそが典型的な弱気のバッティングだ。「攻めのバッティング」とは、好きな球が来るまでじっと待つことを言う。攻めのピッチングができれば、バッターは守りに追い込まれる。by レイ・ミラー(上巻p.335、大意)。読んでるか聡文。

▼その日、怖ろしい強打者を打席に迎えた若きレフティ・ゴメスは、サインに何度も何度も何度も首を振った。あまりのことにキャッチャーがマウンドに歩み寄り問い質すと、ゴメスはこう答えた。なあ、もうちょっと待とうぜ。ヤツに電話がかかってくるかも知れないじゃないか(上巻p.212、大意)。
[PR]
by nobiox | 2006-06-20 23:44 | ├読書日記 |
|