カテゴリ:├DTP( 7 )
|
InDesign 文字パネルでの設定と「フレームグリッド設定」の関係
InDesignフレームグリッド 【OKWave】 2006-08-31

質問:
本文の文字級数や行間などを、途中で全ページにわたって変更したい場合、普通はどういう手順をふむものでしょうか?
段落スタイルを使うのかとおもいためしてみたのですが、段落スタイルの適用ではフレームグリッドの設定と関連がないので、フレームグリッドはもとの級数や行間のままで変なことになってしまいます。 
「フレームグリッドスタイル」のようなものがあるのが一番自然な気がするのですが、ないようですし、ふつうはどのようにしているものなのでしょうか?

どうもこの「文字パレットの設定」と「フレームグリッドの設定」の二重のからみの意図がよく分かりません。
どうかそこのところもふまえてアドバイスお願いします。


回答:
私の環境(MacOSX(10.4.7)、InDesign CS)では「グリッドフォーマット」パレットで文字スタイルや段落スタイルと同様に、フレームグリッドの設定統一ができます。
 
「ウィンドウ」メニュー→「書式と表」→「グリッドフォーマット」

なお、レイアウトグリッドを表示している場合は「ページ」パレット上で全ページを選択して、「レイアウト」メニュー→「レイアウトグリッド設定」でレイアウトグリッドも変更しておいたほうが見やすいと思います。
この後にフレームグリッドを選択して「グリッドフォーマット」→「[レイアウトグリッド]」を適用し、「新規グリッドフォーマット」を作ると手間がかかりません。

>どうもこの「文字パレットの設定」と「フレームグリッドの設定」の二重のからみの意図がよく分かりません。

文字の書式(Q数や行間など)は基本的に、
 1.「文字パレットでの手動設定」
 2.「文字スタイル」
 3.「段落スタイル」
 4.「フレームグリッド設定(グリッドフォーマット)」
の順に適用されます。

つまり、手動設定もスタイル適用もない場合にフレームグリッド設定を変更すると、それが書式に反映されるということになります。(ちなみに「編集」メニューの「グリッドフォーマットの適用」でグリッドの書式設定が強制適用されます)

ただし、行間(行送り)は、「段落」パレットメニューの「グリッド揃え」設定に従うので、
ここが「なし」以外になっていればグリッドの設定変更に伴って変化します。
[PR]
by nobiox | 2014-11-02 22:18 | ├DTP |
オレ氏、「極細スペース」の存在を知る。
No.27 ホワイトスペース | InDesign 1.0 | InDesignの勉強部屋

InDesignのホワイトスペースには、かなり色々なものが用意されています。フレーム内にテキスト挿入点を置いた状態で右クリック→「スペースの挿入」で、適用したいホワイトスペースを選択します。

c0070938_1728530.png


Adobe FrameMaker 8 ユーザガイド

スペースバーを押すと、相対スペース(スペースの隣にある文字によって幅が決定するスペース)が挿入されます。
また、固定幅の特殊スペースを挿入して、2 つの単語の間隔を広げることもできます。単語間に特殊スペースを挿入すると、その 2 つの単語は常に同じ行に配置されます。

次のような特殊スペースを使用できます。

em スペースの幅は、使用するフォントのポイントサイズと同じです。例えば、10 -pt のフォントを使用している場合は、em スペースの幅も 10 pt になります。

en スペースの幅は、em スペースの半分です。

特殊スペースの幅は、フォントのゼロ(0)文字の幅と同じです。通常、数字の幅はすべて同じです。このスペースは、タブを使用せずに列で数値を揃える場合に便利です。

極細スペースの幅は、em スペースの 12 分の 1 です。極細スペースは、2 つの文字の間隔がごくわずかでよい場合(数値と単位の間や、「/)」のようにスペースがないと詰まって見える文字の間など)に使用します。

非分離スペースの幅は、フォントの初期設定のスペースと同じです。

em スペースを入力するには:

次のいずれかの操作を行います。

(Windows)Esc キー、スペースバー、m キーを順に押すか、Ctrl+Shift+スペースバーを押します。

(UNIX)Esc キー、スペースバー、m キーを順に押します。

en スペースを入力するには:

次のいずれかの操作を行います。

(Windows)Esc キー、スペースバー、n キーを順に押すか、Alt+Ctrl+ スペースバーを押します。

(UNIX)Esc キー、スペースバー、n キーを順に押します。

特殊スペースを入力するには:

Esc スペース 1(数字の 1)を押します。

極細スペースを入力するには:

Esc スペース t を押します。

非分離スペースを入力するには:

Ctrl+ スペースバーを押します。

非分離スペースの記号( )は、制御記号の表示中に表示されます。
[PR]
by nobiox | 2014-06-26 04:03 | ├DTP |
InDesign で PDFとパッケージフォルダを書き出しZIP圧縮し、元ファイルをリネームする
当然もっとエレガントな書き方があるんだろうけど。
--1-PDF見開きのみ
try
tell application "Adobe InDesign CS4"
save document 1
set org_name to (name of document 1) as Unicode text
set doc_name to do shell script "echo '" & org_name & "' | sed -e 's/\\.indd$//;'"
--↑拡張子の削除
set PDF_doc to doc_name & ".pdf"
set Fpath to "snoopy:users:pinkman:Desktop:" & PDF_doc

tell application "Finder"
if exists file PDF_doc of desktop then
delete file PDF_doc of desktop
end if
end tell

export document 1 format PDF type to Fpath using PDF export preset "nobidouble"
save document 1
close document 1
end tell --tell application "Adobe InDesign CS4"
tell application "Preview"
activate
tell application "System Events"
key code 13 using {command down} --W
end tell
end tell
on error
tell application "Finder"
activate
display dialog "エラーです"
end tell
beep 2
end try
--2-パッケージまですべて
try
tell application "Adobe InDesign CS4"
save document 1
set org_name to (name of document 1) as Unicode text
set doc_name to do shell script "echo '" & org_name & "' | sed -e 's/\\.indd$//;'"
--↑拡張子の削除
set doc_name_zip to doc_name & ".zip"
set PDF_doc to doc_name & ".pdf"
set PDF_doc_1p to "1p_" & doc_name & ".pdf"

set Fpath to "snoopy:users:pinkman:Desktop:" & PDF_doc
set Fpath_1p to "snoopy:users:pinkman:Desktop:" & PDF_doc_1p

tell application "Finder"
if exists file PDF_doc of desktop then
delete file PDF_doc of desktop
end if
if exists file PDF_doc_1p of desktop then
delete file PDF_doc_1p of desktop
end if
if exists folder doc_name of desktop then
delete folder doc_name of desktop
end if
if exists folder "zxc_vbnm%x" of desktop then
delete folder "zxc_vbnm%x" of desktop
end if
end tell
tell application "Finder"
try
delete file doc_name_zip of desktop
end try
end tell
--zipファイルはあえて捨てなくとも内容が置き換えられてしまう模様。
--でもそれだと追加日でソートできないのでやっぱり捨てる。何故か下記では機能しない。
--else if exists file doc_name_zip of desktop then
--delete file doc_name_zip of desktop

export document 1 format PDF type to Fpath using PDF export preset "nobidouble"
beep
export document 1 format PDF type to Fpath_1p using PDF export preset "nobisingle"

--▼★★★パッケージしてフォルダ名を doc_name に変更して圧縮
tell application "Finder"
try
(*「デスクトップ」フォルダがすでに開いている場合に備えて*)
select Finder window "デスクトップ"
set toolbar visible of Finder window 1 to true
set current view of Finder window 1 to list view
set visible of column id modification date column of list view options of Finder window 1 to true --変更日
set sort column of list view options of Finder window 1 to modification date column
on error
(*「デスクトップ」ウィンドウが存在しない場合*)
set xdr5 to ((path to home folder) as text) as alias
make new Finder window to folder "Desktop" of folder xdr5
set toolbar visible of Finder window 1 to true
set current view of Finder window 1 to list view
set visible of column id modification date column of list view options of Finder window 1 to true --変更日
set sort column of list view options of Finder window 1 to modification date column
--デスクトップウィンドウは必ずリスト表示(というかコラム表示以外)にしておく。
--圧縮セクションに「set fol_Path to (target of window 1) as alias」という行があり、
--コラム表示だとzipが「zxc_vbnm%x」の中に作られてしまう。
end try
make new folder at desktop with properties {name:"zxc_vbnm%x"}
end tell
tell application "Preview"
activate
tell application "System Events"
key code 13 using {command down} --W
delay 0.2
key code 13 using {command down} --W
end tell
end tell
--↓パッケージ
tell application "Adobe InDesign CS4"
tell document 1
set myFolder to "snoopy:Users:pinkman:Desktop:zxc_vbnm%x:"
set myResult to package to myFolder with copying profiles, copying fonts, copying linked graphics, including hidden layers, creating report, updating graphics and ignore preflight errors
end tell
end tell
--↑パッケージ終わり

tell application "Finder"
activate
select Finder window "デスクトップ"
select folder "zxc_vbnm%x" of window 1
set tmp to selection
set name of item 1 of tmp to doc_name
--↑フォルダ名を doc_name に

--↓圧縮
set i to 0
set fol_Path to (target of window 1) as alias
repeat with select_item in (selection as list)
set file_path to select_item as alias
set fil_name to name of file_path as text
set source to quoted form of POSIX path of (file_path as text)
set dest to quoted form of POSIX path of (fol_Path & fil_name & ".zip" as text)
do shell script "ditto -ck " & source & " " & dest
delay 1
set i to i + 1
end repeat
--↑圧縮終わり
--[AppleScript] Finderで複数選択している項目を1つずつzipで圧縮 | How2すいとー
--http://www.hw2-suito.com/archives/410
end tell
--▲★★★パッケージしてフォルダ名を doc_name にして圧縮
save document 1
close document 1
end tell --tell application "Adobe InDesign CS4"
tell application "Finder"
--↓元のInDesignファイル名アタマに「XXX」を付加
set addStr to "XXX"
if exists file org_name of window 1 then
select window 1
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if exists file org_name of window 2 then
select window 2
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if exists file org_name of window 3 then
select window 3
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if exists file org_name of window 4 then
select window 4
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if exists file org_name of window 5 then
select window 5
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if exists file org_name of window 6 then
select window 6
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if exists file org_name of window 7 then
select window 7
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if exists file org_name of window 8 then
select window 8
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if exists file org_name of window 9 then
select window 9
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if exists file org_name of window 10 then
select window 10
select file org_name of window 1
try
set FinderSelection to selection as alias list
on error
set FinderSelection to selection
end try
repeat with aFile in FinderSelection
set oldName to name of aFile
set newName to addStr & oldName
set name of aFile to newName
end repeat
else if not (exists file org_name of window 10) then
display dialog "ファイルが見つかりません" with icon caution
end if
end tell
on error
tell application "Finder"
activate
display dialog "エラーです"
end tell
beep 2
end try
以下、
3-PDFのみ両方.scpt
4-パッケージのみ.scpt
5-パッケージと見開きPDF.scpt
6-パッケージと片頁PDF.scpt
7-PDF片頁のみ.scpt
とあるけど省略。その7本を
--http://kb2.adobe.com/jp/cps/511/511636.html
--http://blog.goo.ne.jp/vallie/e/91b2448c09eeba217f82099e6715d2c9
--http://e-deep.org/iblog/C535725699/E20080108155938/index.html

tell application "Quicksilver" to activate
--Quicksilver でこのスクリプトを使うには1行目にこれが必要みたい。理由は不明。
set instruction to item 1 of (choose from list {"PDF 見開きのみ", "パッケージまですべて", "PDFのみ両方", "パッケージのみ", "パッケージと片頁PDF", "パッケージと見開きPDF", "PDF 片頁のみ", " "} default items "パッケージまですべて")

--◉1
if instruction is "PDF 見開きのみ" then
end if

--◉2
if instruction is "パッケージまですべて" then
end if

--◉3
if instruction is "PDFのみ両方" then
end if

--◉4
if instruction is "パッケージのみ" then
end if

--◉5
if instruction is "パッケージと片頁PDF" then
end if

--◉6
if instruction is "パッケージと見開きPDF" then
end if

--◉7
if instruction is "PDF 片頁のみ" then
end if
の各「if」行と「end if」行の間にコピペして完成。
[PR]
by nobiox | 2014-02-04 11:26 | ├DTP |
携帯を斜めにすると見える画像が凄いとネットで話題に
◉片目を閉じて、携帯を傾けて、充電口の方向からこの図を見てほしい。

c0070938_2149598.jpg


・意味わかんねーと思いつつ傾けたら、世にも恐ろしいものが現れて驚愕した。

・すげぇ∑(`□´/)/

・ほぅ、ってなる。

・これボリュームボタンの方から見たらまたちゃうの出てくるな!

・片目を閉じて、携帯を傾けて、充電口の方向からこの図を見てほしい。 横からも見てね。 これすごい!!


これにすっかり感心したので、自分でもやってみた。こういう発見を公開するのは手品のネタを公表するようなもので、書いちゃいけないんじゃないか、という畏れも少しは感じるが、ネタバレですべてが色褪せるようなものだとしたらもともと秘匿するほどの価値もないでしょう、という理屈で、その点は気にしないことにする。

c0070938_21502787.png
似たような長さのテキストをふたつ用意する。いくつか試作した結果、
画数の多い漢字はノイズとして濃くなり過ぎるとわかったので、ひらがな主体にしました。


c0070938_21505225.jpg
それに極端な長体をかける。単純に
長体かけるだけでこれほど読めなくなる、ということが驚きだ。
これに最初に気付いた人はスゴい、と思うと同時に、
こんな簡単なことに長年気付かなかった自分を恥じるしかない。
ここでは、両者がそれぞれ正方形に近いプロポーションになることが望ましい。


c0070938_21511353.png
一方を90度回転して、重ねて、完成。
まったく文字には見えない。


c0070938_21513828.jpg
上の画像に極端な平体かけたところ。
椅子に座ってモニタ見てるあなたは、立ち上がって上の方から舐めるようにモニタを見下ろせば、
私の言ってる意味がわかると思います。


c0070938_21514793.jpg
極端な長体かけたところ。スゲー。

[PR]
by nobiox | 2013-12-25 21:55 | ├DTP |
InDesign CS4 の正規表現の自分用メモ
InDesign CS3 正規表現一覧

新宿(?=駅):新宿のうち、直後に「駅」があるものに一致(肯定先読み)
新宿(?!駅):新宿のうち、直後に「駅」がないものに一致(否定先読み)
(?<=海鮮)丼:丼のうち、直前に「海鮮」があるものに一致(肯定後読み)
(?<!海鮮)丼:丼のうち、直前に「海鮮」がないものに一致(否定後読み)

なるほど。いちおう最低限の理解には達したぞ。

(?<![\.,])\b\d\d\b(?![\.,])
これ↑は、せうぞーさんによる二桁数字の正規表現
(¥に見えるのは実際にはバックスラッシュ)。
\b というのは単語の境界。「日本語環境では「英数字」と「漢字・ひらがな・カタカナ」の間に
単語境界が存在する」とせうぞーさんが書いてるけど、うちの CS4 ではそうでもないっぽい。

(?<![\.,\d])\d\d(?![\.,\d])
ウチでまあまあ実用的に機能する「二桁の数字」。コンマ、ピリオド、数字以外のものに挟まれたふたつの数字。「\d」が数字を、「\d\d」で数字ふたつの並びを表し、「\.,\d」はコンマ、ピリオド、数字を、「(?<![\.,\d])」で「前がコンマかピリオドか数字だったら無視する」。

^([~Kあ-ン]{1,7}[さん]*)(?=[ (]+)
対談者の名前。
^:「行頭の」を意味する
~K:「すべての漢字」を意味する
あ-ン:「すべてのひらがなとカタカナ」を意味する
[~Kあ-ン]{1,7}:「日本語の1から7文字の連続」を意味する
[さん]*:さ、という字と、ん、という字が、あってもいいし、なくてもいい」を意味する
?=[ (]+:後ろに「全角スペース、あるいは始め括弧」が来るものだけにマッチする。
   始め括弧というのはつまり「山田さん(以下敬称略)」というのを想定している。
[PR]
by nobiox | 2013-12-20 12:16 | ├DTP |
InDesign の段落境界線で囲みケイ
後記:残念ながらオレはもう老人なので、一度覚えたことでも1ヶ月後にはもう思い出せない。2ヶ月空いたらもう絶対無理。だから必要になると、この記事を見返す。見返してもなかなか、何が書いてあるんだか理解できない。理解するのに大変な時間がかかる。いいか、2ヶ月後のオレ、この話のポイントはだな、とにかく「テキストフレームを選択した状態で、段落パネルメニューから『段落境界線...』を選択」だ。短冊の罫線の色も、地色も、そうして出てくる段落境界線パネルで設定する。これに直感で気付くのは無理。覚えるしかない。

それと、テキストフレームに地色を設定して短冊状のキャッチをつくるときなんか、文頭が短冊のはじっこにくっつき過ぎてちょっと離したい、ってことあるでしょ? あれは「カーソルを段落中に置き、段落コントロールパネルで左インデントを適当に指定」だ。後記終わり。

◆◆

c0070938_11145225.png
InDesignでこういうの↑を作るには、従来の僕は、以下のようなみっつのエレメントをレイヤーで重ねて作ってました。
c0070938_11141223.png
素朴だが、べつに間違いではない。しかし、プロは普通、段落境界線というのを使うらしいぞ。試してみました。


c0070938_1115218.png
まず、こう。このテキストフレームを選択した状態で、段落パネルメニューから「段落境界線...」を選択。ポップアップメニュー「前境界線」で「境界線を挿入」にチェック。左下の「プレビュー」にチェック。線幅を4ミリに。カラーはスウォッチから適当な色に。幅を「列」に。あとは「オフセット」という欄に試行錯誤しながら適当な数字を入れて、上下の位置を調整する。あらかじめ表示をでっかくしておくとよいかも。べつにテキストフレームに一致させることにこだわる理由はなく、見た目で。この-0.38という数字をメモしておく。
c0070938_11135088.png


続いて「後境界線」。「境界線を挿入」にチェック。「プレビュー」にチェック。

えーと、これは「4ミリ幅の黒い前境界線の上に3ミリ幅の白い後境界線を重ねると、0.5ミリ幅のスミケイができる」、という、ちょっと裏技的な技法なのですね。「段落囲みケイ」という機能を作ってくれれば、こんな面倒なことはしなくていいんだが。仕上がりでスミケイを0.12ミリにするつもりなので、後境界線の線幅を3.76ミリに。右インデント0.12ミリ、左インデント0.12ミリ。

c0070938_11121531.png
ここでオフセットを0.38にすると、ちょうどふたつの境界線がヌキ合わせでくっつく。そこから4ミリ上げる。そこから0.12ミリ下げる。つまり「0.38−4+0.12」で、オフセットは「-3.5」。できました。ピンクと黄色を黒と白に直して、ひとまず完成。黒の方は「線オーバープリント」にチェックした方がいいのかも。

c0070938_11115621.png
値段のアタマが枠にくっついているのを直す。カーソルを段落中に置き、段落コントロールパネルで左インデントを適当に指定。0.8ミリにしてみました。ここまでを「値段と買った場所」という名前の段落スタイルとして登録しておく。

◆◆

左地色を青、右を白くするには、グラデーションスウォッチを使う。嗚呼、なんでこんな面倒なことをしなくちゃならんのよ、素朴にやった方が簡単じゃないか、という気持ちがそろそろ湧いてくるが、まあ物は試しということで。

スウォッチパネルメニューから「新規グラデーションスウォッチ...」。名前を「値段と買った場所」に。タイプは「線形」で。こんな書き方してると、まるでこの機能を日常的に使いこなしてるかのようですが、僕はグラデーションスウォッチなんてものを使うのは今日が生まれて初めてでございます。なんだよコレ。わかんねーよ。ストップカラーってナニ。いったん閉じる。

カラースウォッチの方で、使いたいブルーを作っておく。C75, M12 にしました。ふたたびグラデーションスウォッチに戻り、「値段と買った場所」をダブルクリック。

c0070938_11112047.png
えー、なんと呼ぶのか知らないけど、下部のバーの左下にぶらさがってる分銅をクリックすると「ストップカラー」のところがアクティブになるので、スウォッチからいま作ったブルーを選ぶ。右端の分銅を適当にドラッグして、「紙色」に。

c0070938_1111882.png
これを適用する。段落スタイル「値段と買った場所」をダブルクリックして編集。「段落境界線」で「後境界線」の色を「値段と買った場所」に変更して「OK」。

c0070938_11102816.png
こうなりました。もうすぐだ。たぶん。

c0070938_1195315.png
いろいろいじってるうちに、「バーの下の辺りで分銅のない場所をクリックすると新しい分銅が出現する」ことが判明。なんだそれ。どんな隠しコマンドやねん。分銅と菱形の関係はよくわからない。というか菱形の意味がわからない。あとはもう適当。ポイントはこの図の「30%」の位置にブルーの分銅と白の分銅がピタッと重なってること。それで「グラデーション幅ゼロのグラデーション」になる。

c0070938_119178.png
文字色を白にして、できたー。

◆◆

これでじゅうぶん満足だが、この先へ行こう。買った場所をなんとかする。3日くらいかかるかも知れんけど、なんとかなりそうな気がする。とりあえず僕が思いつく方針:文字色を黒に、書体を中ゴシックBBBの9級にする。その上で、段落スタイル→先頭文字スタイル、いや、正規表現スタイルだな。それで「行頭の円マーク+[数字とコンマの羅列]」部分の書体と文字色を変える。
c0070938_1171375.png
「行頭の円マーク+[数字とコンマの羅列]」を意味する正規表現は「^\¥[\d\,]+」だ。説明省略。ブラウザ上の表示は円マークとバックスラッシュがぐちゃぐちゃになってるかも知れませんが、そのあたりは諸賢の豊かな知性で脳内修正してください。「スタイルを適用」のところから「新規文字スタイル...」を選択、「値段」という文字スタイルを作って、書体をフーツラBT、13Q、ウェイトをボールド、文字色を白にして適用。
c0070938_116507.png
おお、できた。3日どころか、5分でできた。スゴイじゃないか、オレ。

「新宿の」の部分の開始位置をコントロールする方法がなにかあるはずだが、まあいいや。とりあえずスペースで調整する。値段が安いときの対策としてセンタリングさせたいんだけど、それもやり方わかるまでは半角スペースでしのぐ。そのためさっきの正規表現を「^ *\¥[\d\,]+」と書き換えておく。ひとまず完成。
c0070938_1161167.png

やってみると確かにいいですね、これ。これまで動かしたり傾けたり書き換えたりするたびにグループ化とかグループの解除とかレイヤーのロックとかロック解除とかをくるくるコマコマ繰り返してたんだけど、こっちははるかに運用が楽で,設定の変更も楽そうな気がする。

◉今週も街の巨匠に感謝。
段落境界線を使った飾り1|3倍早くなるためのDTP講座
段落境界線を使った飾り2|3倍早くなるためのDTP講座
段落境界線を使った飾り3|3倍早くなるためのDTP講座
[PR]
by nobiox | 2013-04-14 11:20 | ├DTP |
ネットプリント(と文書プリント)の基礎知識(さらば imagio)
セブンイレブンのネットプリントについて、今日学んだこと。

◉事業主体は富士ゼロックス。
◉ユーザー登録は無料。アップロードも無料。プリントするには、まずサイトに飛んでアップロード。終わると8桁の予約番号が表示されるのでそれをメモ。セブンイレブンに行ってレーザーコピー機の「net print」ボタンを押し、画面に従って予約番号を入力するとダウンロードが始まる。用紙サイズ、カラー出力かモノクロか、などを選択後、コインを投入してプリント。領収書もその場で出るので、レジに行く必要がない。
◉「注意制限事項」として「ブラウザは Internet Explorer 6.0 SP2以降が必須」とか「MacOSのアプリケーションには非対応」とか書いてあるけど、Mac OS X 10.7.5 + Safari で何も問題なく使える。
◉対応フォーマットは PDF、JPG、PNG、TIFF と、Office(ただし Mac版Office には非対応、と書いてあるけど試してない)。テキストファイル(.txt)は直接プリントできないので、PDFか何かにする必要がある。
◉1ファイル当たり最大99ページまでプリント可能。
◉1ファイルあたりサイズ上限 2MB/ただしJPEGは4MB。
◉稀に、登録制限サイズ内のファイルであってもプリント時の "メモリーオーバー" 現象が起きる。この場合は無理。他のセブンイレブン行っても無理。USBメモリに入れて下記「文書プリント」を。PDFのうち、グラデーションや飾り文字を多用、あるいは履歴書などのようにケイを多用している場合に起きやすい。
◉ファイルの有効期限はアップロードから7日後の23:59まで。
◉1ユーザーあたりすべてのファイルを合わせて 10MB まで(以前は3MBだったらしい)。
◉「フォント埋め込みしてないPDF書類は、平成角ゴシックw5、平成角ゴシックw5p、平成明朝w3、平成明朝w3pのどれかに置換されます」と書いてある。そして InDesign CS4 の「PDF 書き出しプリセット→最小ファイルサイズ」の説明には「この設定ではフォントは埋め込みません」と書いてある。しかし実際に「最小ファイルサイズ」で書き出した PDF をプリントしてみたら、そのまんまのフォントでプリントできた。
今日初めて知ったんだけど、 InDesign CS4 で「最小ファイルサイズ」で書き出した PDF ファイルを Adobe Acrobat Pro で開き、「ファイル→プロパティ...→フォント」を見ると、「(埋め込みサブセット)」としてフォントが表示されている。どうやらこれは、フォントが埋め込まれているということらしい。
◉基本的に365日24時間使えるけど、月一でメンテンンスがある。だいたい「20日前後の木曜日の深夜、午前1時から6時まで」が多いみたい。

◉今日現在の料金:モノクロは B5からA3まで1枚20円。カラーはB5-B4 が60円、A3が100円。
ちなみに kinko's の今日現在の料金は B5、A4、B4、A3 ともモノクロ1枚11.55円、カラーはB5、A4、B4 が54.6円、A3が109.2円。ただしそれとは別に「店頭PCレンタル料金」がかかる。PCレンタル料金は20分までなら262.5円、以降は10分毎に210円。
計算すると(あくまで今日現在の話)、モノクロは31枚を超えるとkinko'sの方が安くなる。B5からB4のカラーなら49枚を越えると(20分以内で終わることを条件として)kinko'sの方が安い。A3カラーは何枚だろうが net print の方が安い。

◉180日間ログインがないユーザー ID は削除される。僕の場合これがいちばん心配だけど、まあいいか。プリント品質には満足。コンビニのコピー機なんてまともにメンテナンスされてない、と長いこと思い込んでいたが、そんなのも昔の話なのかも知れない。これでもうRICOH imagio neo 220 は解約するぞ。これまでたぶん10年以上だと思うけど、これまでほんとうにありがとう imagio。お世話になりました。

文書プリント


意外な長文になった。そして例によって意外な長文を書き上げた後で、これまでの記述がすべてどうでもよくなってしまうかも知れない、新たな事実を知った。セブンイレブンのコピー機には「ネットプリント」というボタンと並んで、「文書プリント」というボタンがある。押してみたら、どうやらネット経由ではなく、 kinko's みたいにメディア持参でその場でコピーできるサ−ビスらしい。 kinko's とは違い、書類書き込みもパソコンレンタルも不要で。

使えるメディアは CD、DVD、USBメモリー、SDカード、microカード、ミニSD、携帯の赤外線 IrDA など。対応フォーマットは PDF(Ver. 1.3~1.7) 、JPEG、TIFF。料金はモノクロであればサイズに関わらず1枚10円。カラーはB4まで1枚50円、A3なら80円。マジ? そんならそっちの方がさらにいいじゃん。10MB なんていう制限もないみたいだし。
[PR]
by nobiox | 2013-03-24 19:20 | ├DTP |
|