カテゴリ:├メシ( 4 )
|
リン・カーダゥン
カレーを食べると、たまに不思議な繊維質を噛むことがある。アレだ。苦くはないがスパイシーで、おいしいか、と言われれば微妙だが、少量を噛む分には不思議な魅力がある。アレが好きだ。松屋とかCOCO壱番館とかのジャパナイズド・カレーではそういうことはない。その繊維質は、インド系のカレー屋にだけ存在する。御徒町のデリーでも、たまに経験した。

今日、職安通りの「グレートインディア」で食べた680円(だったか?)のマトンカレーに、それが入っていた。だけでなく、その物質を特定した。小豆ぐらいのサイズで、提灯みたいな、カボチャみたいなカタチの種子だった。そーっと噛んでみると、間違いなくアレだった。

口から出して、まあいちおうなるべく奇麗に洗い、スプーンに載せて、会計する前に訊いてみた。これは、なんですか?

カウンターの向こうのおっさんは困惑して目を宙に泳がせ、黙った。カウンター右手にいたホール係のハンサムが、するっとやってきて答えた。

「リ・カードゥン」

インド人ってどうしてあんなにハンサムが多いんですか。知ってる範囲で説明すると、マッツ・フメルスのような顔のお兄さんだ。その浅黒いフンメルスがカウンターに右肘をのせて、自信満々に、涼しい顔で、すごくいい声で、「リ・カードゥン」、と。

これまでに何度も噛んだことのあるアレだったから、聞けばわかると思っていた。が、わからない。どう考えてもブラックペッバーでもシナモンでもマスタードでもコリアンダーでもない。だからなんとなく予期していた答えは「フェンネル」か「クミン」か「ターメリック」だった。が、リ・カードゥン? なんだそれは。聞いたことがない。

僕の反応を見て、お兄さんも首を傾げた。「んー、ニホンゴでなんてイウのか、ちょっと・・・」

それでも3度聞き返して、悟った。「グリーン・カードゥン」か!!!!!

「グリーン・カードゥン?」
「そうそうそう。リン・カードゥン」

インド人は日本人の発音もけっこう柔軟に理解してくれる。その瞬間に気付きが訪れた。おお。そうか。

「わかった。ニホンゴでなんてイウのか教えるよ」
「うん?」
「グリーン・カルダモン」
「ああ。そうそうそう。リン・カーダゥン」
[PR]
by nobiox | 2013-05-12 22:53 | ├メシ | Comments(0) |
西新宿「ムット」
・第14回CCUmeeting ミールス忘年会 in ムット2号店 - CURRY DIARY (・x・)
・インド料理 ムット - CURRY DIARY (・x・)
・平凡でもカレーなる日々 カレーなるムット!★西新宿「ムット」 [7]
・新宿ムットでお料理教室&ミールスの会+α(西新宿の恐怖) - 『辛くできますか?』激辛・旨辛カレー - Yahoo!ブログ
・お気に入りのカレー屋さん700: おすすめその543 ムット(新宿西口・西新宿)
[PR]
by nobiox | 2013-04-14 16:40 | ├メシ | Comments(0) |
Curry DELHI グルメ @ホテルパークイン新宿
学生時代近辺に住んでいたもので、御徒町デリーはお気に入りだった。しかし、最近新宿御苑に開店したこの店はデリーの支店ではなく、デリーのライセンスを得た、デリーとは全く別経営の店なんだそうだ。
グルメ 新宿
 8月20日、新宿1丁目「ホテルパークイン新宿」1階にカレーの店グルメがオープンしました。
 オーナーは、このホテル、その他不動産、設計を行っている方で、デリーの40年来のファンでいらっしゃいます。
 齢70歳を超えていらっしゃいますが、エネルギッシュでお元気で、一昨年「今までレストランもやったけどうまくいかなかった。最後のチャレンジでやりたいので、自分の好きなデリーのカレーでやりたい」といわれ、お手伝いしました。
 厨房兼店長には、ひらまつグループ、元リストランテ・アソにいた高橋君に依頼し、彼は、昨年からこの春まで、デリーの厨房で勉強していました。
 ですから、カレー以外はすべて彼のオリジナルで、クスクスやラムなどもメニューにありました。

 まだまだ始まったばかりで、これからが大変だと思いますが、我々もお助けしていきたいと思います。お近くに居らした際はお立ち寄りください。新宿区新宿1-36-5 03-6273-1117

新宿Curry DELHIグルメのカレーは本家デリーとほとんど同じ味だが、そういうわけで、いくらか違いもある。

1)スープとサラダが付く。しかも、どっちもおいしい。

この点は、本家よりも好き。

2)鶏肉が違う。どう違うのかはうまく説明できないけど不思議な歯触り。
3)コルマの肉が、羊でなく鶏肉である。
4)付け合わせにピクルスがない。
5)インドカレーがない。

残念だが2、3、4、5については、本家デリーの方が好き。5について説明する。デリーにはいろんなカレーがあるけど、ベーシックなカレーは3つ。

・むちゃくちゃ辛いのがカシミールカレー。
・ほどほどに辛いのがインドカレー。
・あんまり辛くないのがデリーカレー。

新宿Curry DELHIグルメにはインドカレーがない。極端に辛いカシミールか、さもなくばあんまり辛くないデリーか、ということになる。カシミールはたしかにおいしいと思うんだけど、辛い。おいしいなー、と思っていても、食べ終わる頃には「いくらなんでも辛過ぎだろ」と、若干腹が立ってくる。しかし、かといってデリーは物足りない。ああ、僕はカシミールとデリーの中間が食べたいんだが。何故インドカレーがないんだ。しかしきのうメニューを見ていて、初めて気づいた。

6)「1.5倍」「2倍」「3倍」という辛さリクエストができる。

これ素晴らしいですね。そうだったのか。これは本家にないオプションだ。それとも、本家にもあったのだろうか。きのうはじつはその辺りについて若いおねえさん(子鹿のようにかわいい)と質疑応答を繰り返す中で、「カシミールとデリーを半分ずつ混ぜてくれたらいいのに、といつも思ってる」と言ったら、「いま店は混んでないし、それにあんたは何度も来てくれてるから」という理由で、「カシミールとデリーの半分ずつミックス」を作ってもらえた。それはとてもおいしかったんだけど、正直なところ、ふつうのカシミールとどこが違うのかわからなかった。うーむ。今度は「デリーの辛さ2倍増し」「コルマの辛さ2倍増し」とかを頼んでみるつもり。
[PR]
by nobiox | 2010-10-02 05:02 | ├メシ | Comments(0) |
新宿 ラーメン 麺や「百日紅」sarusuberi
極上煮干中華蕎麦 680円 をきのう食べた。めっちゃ旨い。感動した。
感動したので今日も同じものを食べた。うまい。
見た目はぜんぜん違うけど、スープは王子の「中華そば屋 伊藤」の感じ
(ぜんぜん違ってたらすいません。何年も前に一回食べただけ)。

出てきたときは「うわ、煮干しくさっ!」と思うけど、
食べ始めるとすぐに鼻は慣れる。ずしんと来るフルボディの煮干し味。
きのうも今日も他の客は全員つけ麺食ってたけど、
みなさんつけ麺が好きなんですね。
つけ麺の方は動物系を合わせたダブルスープらしい。

僕はまた行ってもまた極上煮干中華蕎麦 680円 を頼みそうな気がする。うまいっすよ。
だけどあしたはホテルパークイン新宿「Curry DELHI グルメ」の、カシミールを食べるつもり。
[PR]
by nobiox | 2010-09-28 23:13 | ├メシ | Comments(0) |
|