変換ミスについての記事
日本漢字能力検定協会(京都市)は、パソコンや携帯電話での笑える変換ミスを募集したコンテスト結果を発表した。

インターネット投票で最優秀作品の「年間変漢賞」に選ばれたのは「うまくいかない画像サイズになった」→「馬食い家内が象サイズになった」。人気を集めたのはほかに、友人の女性に「今日居ないもんね。ゴメン〜!」と書いたつもりのメールが「胸囲ないもんね。ゴメン〜!」になった例。「小さくて悪かったね。しかもゴメンって何?!」と返信が来たという。
高熱で寝込んだ友人からの「おれは鹿になった」は「おれ麻疹になった」の間違い。「何かと胡散臭い時がある」が「何か父さん臭い時がある」になったケースもあった。
[PR]
by nobiox | 2008-04-23 14:07 | ├自分用メモ | Comments(0) |
<< ボタン恐怖症についての記事 | レミオロメンとレディオヘッド >>