レザボア・ドッグス
★★★………おもしろかった

Wikipedia によれば「Reservoir Dogs」とは「掃き溜めの犬たち」の意味だそうだ。強盗団が宝石店を襲撃するが警察の待ち伏せに会い、失敗に終わる。何人かは撃たれて死んだ。仲間内に密偵者がいるのではないか。いるに違いない。いるとしたらダレなんだ。そういうやり取りのなかで「警察のイヌ」という台詞が何度も出てくる。タイトルにある「ドッグス」がすなわちこの「イヌ」なんだろうか。

違う。「Dogs」は複数形だが、密偵者はひとりだけだ。そもそも「イヌ」は英語で「dog」なのか? 聴き取る能力はないので、DVDの英語字幕モードを見てみた。

「I say the plan becames null and void once we find a rat in the house.」
「(いまさら計画だって?)裏切りで計画なんてご破算さ」
「We discovered one of the team was an undercover cop.」
「(ふたつ前の仕事の時、チームに)警察のイヌが入ってた」
「So who's the rat this time ?」
「(今回は)誰がイヌかな?」
「Somebody's a fucking rat.」
「誰かはイヌだぜ」

「イヌ」の意味で使われている主な単語は「rat」であった。ネズミ。なるほどねえ。英辞郎には

rat

【間投】
くそっ
・Rats! : くそっ!

【名】
1.ネズミ◆「卑劣」「汚い」「臭い」という悪いイメージがある
・A rat looks like a mouse, but larger. : ネズミはハツカネズミに似ているが、もっと大きい。
2. 嫌な[卑劣{ひれつ}な]やつ
3. 密告者{みっこく しゃ}、スパイ、裏切り者{うらぎりもの}
4. 〔髪にボリュームを持たせるための〕入れ毛、かもじ

【自動】
1. ネズミを捕まえる
2. 卑劣{ひれつ}なことをする
3. 密告{みっこく}する、スパイする、裏切る{うらぎる}
4. スト破りをする

とある。「undercover」というのも出て来るが、これは「秘密の」を意味する形容詞らしい。
[PR]
by nobiox | 2007-12-22 19:02 | ├映画 | Comments(0) |
<< ヘッドスライディング1:ほんと... | 荒井または松任谷由実「恋人がサ... >>