間引きの効用
その日、教育テレビでなんとなく園芸番組を見ていた。去年の秋だったか。マンションのベランダでカブを栽培しましょう、というテーマで、まずプランターにパラパラッと種を蒔く。ひとつずつ植えるわけではなく、パラパラッと、料理人が魚に塩を振る感じに近い。それから水をやる。数日後、芽が出る。さらに数日後、間引きという作業を行う。そのままでは密度が濃過ぎて充分に育たないので、半分以上を抜いて、捨ててしまうのである。先生は作業の合間に、こういう意味のことを言った。

「それなら初めからまばらに蒔けばいいじゃないか、と思われるかも知れませんが、それが違うんですね。蒔いた中には必ず、弱いもの、虫にやられるもの、根腐れを起こすもの、そういうものが出ます。だから多めに蒔いて、ある程度育った段階で、弱い芽を除き、元気な芽を残す。必ずこの行程を踏まないと、いい野菜を収穫することはできないのです」

おおなるほど。そんなわかりやすい説明を聞いたのははじめてだった。聞いた瞬間、もちろん私は、ドラフトのことを考えていました。

この「ドラフト」というカテゴリーはここまでのところ、プロの育成能力を疑う、というような話が多い。しかし、高卒ルーキーを「間引き前」、大学社会人経由を「間引き後」と考えれば、後者の方が優秀なのは当たり前だ。プロの育成能力を批判するような問題じゃないような気も、してきた。
[PR]
by nobiox | 2007-01-18 00:37 | ├野球 | Comments(4) |
Commented by fate7219 at 2007-01-26 10:00 x
今年も沖縄キャンプ見学に行ってきます。
Commented by nobiox at 2007-02-04 04:42
え、fateさんってあのfateさんですか。
アレックスのいい匂いが好きなfateさんですか。お元気ですか。
もう一生fateさんとは会話できないのかと思ってたのでうれしいです。

よろしければ一度メールいただけないでしょうか。
別に秘密通信を足がかりにどうこうしようという野心はないのですが、
fateさんのブログがなくなってしまって、
「fateさんが私に話しかけることはできるが逆はできない」という
状態がなんとなく淋しいのです。
Commented by fate7219 at 2007-02-05 23:30 x
ありがとうございます、了解しました。
アドレス送りますね。
Commented at 2007-02-07 22:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 年俸軟着陸計画に向けて | 細木数子のプロ野球優勝チーム予... >>