Name Mangler の Advansed機能の自分用メモ
c0070938_16355210.png

図Aのように複数フォルダに存在するファイルを、Bのように一気通貫式に連番リネームすることは、だいたいどんなリネーマーでも一発でできる。処理対象からフォルダを除いた上で、ふたつのフォルダをまとめてドロップすればいい。だがCのように「フォルダ単位で」連番にするには、通常、フォルダの数だけリネーム作業を繰り返す必要がある。ふたつぐらいならどってことないが、『ジョジョの奇妙な冒険01』-『同60』とかだともうやってられない。Name Manglerの「Advansed」では、そんなリネームも一発で可能。さらに、Dのように「親フォルダの名前 + ハイフン + 連番」といったインテリジェントな処理もできる。やり方は、

1:リネーム方式を選ぶプルダウンメニューから「Advanced」を選び、
2:「Snipets」プルダウンメニューから「Create New Snipet」を選び、
3:というかムチャクチャわかりにくい!!!!!!!というかわからん!!!!!

まあなんとかみなさん火事場の馬鹿力を発揮してそこを乗り越えてください。私でもできたんですから(いまはできないけど)。そこを乗り越えて、以下のスクリプトをウィンドウに貼って、保存。ここを参考にしました。

もしかすると

1:リネーム方式を選ぶプルダウンメニューから「Advanced」を選び、
2:以下のスクリプトをウィンドウに貼って、
3:「Snipets」プルダウンメニューから「Create New Snipet」を選び、
4:名前をつけて保存。

かも。
[concatenate

"-"

[sequence
from "1"
increment by "1"
sleep "0"
maximum index ""
minimum number of digits "3"
identifier
]

<.extension>

]
「Snipets」プルダウンメニューから「Manage Snippets...」を選ぶと、保存したスニペットをファインダーで表示します。ちなみにパスは「~/Library/Containers/com.manytricks.NameMangler.MAS3/Data/Library/Application Support/Name Mangler」。

関連記事:Mac OS X におけるリネーマーの比較
[PR]
by nobiox | 2015-06-27 11:23 | ├Mac OS X | Comments(0) |
<< 男脳、女脳、将棋の適性 | 世田谷文学館の岡崎京子展。月曜休館。 >>