スガシカオ「アイタイ」
たったららー たーららら タッタララー
あなたいがい だーれーー ヒトーりーーー

「ヒトーりーーー」ってとこがスガ節ですね。SMAP の「セロリ」の

ターラタッタ タッタッタッタタ ターターター
セーロリッが スッキッダッタリ スール ヨッネー

の「スール ヨッネー」と同じだ。と書いてから調べて驚いた。
SMAP の「セロリ」は作詞作曲山崎まさよしだった。えーっ、そうなの?
ずっとスガシカオだと思い込んでたよ。
スガシカオは「夜空ノムコウ」の作詞だった。
まあいいや。「アイタイ」はこの先がもっと凄い。

たったら たったったー たったた たったた たった・ たー


こころに チョクセッツー キスでき たーヒト なーんて イナーイ





「キスできたヒトなんていない」の部分はメロディとしては
「たーらー たーらー たーらー らー」
なんだから、普通ならここに載せるのは7文字だろう。例えば
「キースー でーきー まーせー んー」
というように。そこに
「キスできたヒトなんていない」
と、13文字を詰め込む。
詰め込むなら詰め込むで、凡人の発想では
「キスデキタ ヒトー なーんて イナーイ」でしょう。しかしスガさんは
「キスでき」と「たーヒト」で分けるんですねー。
いやあ、森高千里には書けない歌詞だわ。
しかしこの歌に森高千里の「ストレス」の影響を感じるのはオレだけか。
[PR]
by nobiox | 2013-04-03 19:48 | ├音楽 |
<< InDesign の段落境界線... | ネットプリント(と文書プリント... >>