コインを2枚投げたら1枚は表でした(ローラふたたび)
◆承前:【問題】コインを2枚投げたら1枚は表でした。 : 観測所雑記帳

「きのうの話、いまいち納得いかねー」

「うふふっ、いかねー?」

「もっかいつき合ってくれる? ねえ」

「オッケー」

「ズボンの左右のポケットに、オセロのコマを1枚ずつ、入れまーす。いい?」

「いいよー」

「自分でもどっち向きだかわかんなくなるように、ポケットの中でかき混ぜまーす。もぞもぞもぞ」

「オッケーだよー」

「ポケットの中で1枚ずつ手のひらに、握りまーす。握ったまま、ポケットから出しまーす。握った両こぶしを、手の甲を上にしてテーブルの上に、置きまーす。こぶしを開いて伏せまーす。いいか、はい、バシャン」

「おおうっ」

「はい、これでどっちが黒か白か、オレにもローラにも全くわかんないよね」

「そうだね。有吉くんやっぱりアタマいいねー」

「左手から開くぜ。はい」

「おおう。黒だねー」

「右手も黒の確率は?」

「アタマいいねー。これやっぱりモンティ・ホールとおなじだねー」

「ま、ま、ま、質問に答えろよ」

「1/3」

「なんで? ゾロ目の確率は低いから?」

「わかんない。ローラ自信ないよ。一緒に考えてよ」

「今さあ、エじゃないことは確定したよな」

  左 右
ア ● ●
イ ● ○
ウ ○ ●
エ ○ ○

「あのねー、有吉くんが黒しか開けないって決めててね、ローラに見せないように両方を見て、それで黒の方をわざと開けたならー、1/3だよ」

「うん、ってか、きのう言ってた設定はそういうことだよな」

「だけど今は偶然黒が開いたのでしょー。ってことはー」

「100回やったら50回が黒だよな。うち、右手も黒は・・・」

「・・・そっかー、25回ー」

「じゃあ、この場合は 1/2?」

「そうですねー」

「きのう言ってた『どっちかが黒だったらゾロ目の確率は低い』っていうローラ様理論は、この場合なんで発動しないの?」

「んっとねー、2枚のうち1枚でも黒があったら、白黒パンダの確率が高いよ。これは1枚しか開けてないから、条件が違うよ」

「きのうはさあ、2枚を区別してるかどうかがポイントだって話だったじゃない。きょうは、2枚とも開けたかどうかがポイントなの?」

「ローラわかんないよー」

「じゃあさあ、これは? 『2枚投げました。1枚は黒でした。もう1枚は偶然ボチャンとカップのコーヒーに飛び込み、沈んだので見えません。コーヒーカップの底の1枚が黒の確率は?』」

「オセロのコマはプラスチックでしょ。コーヒーの中に落ちても浮くんじゃないの」

「うるせー。金属製のコマかなんかじゃねーの。回答者は問題文の設定に合わせるねー。常識だねー」

「その問題おもしろいねー。だけどローラ飽きてきたよー。今度宇治原くんかたけしさんに聞いといてよー」

「まあ、まあね。そうね」
[PR]
by nobiox | 2012-07-04 22:38 | ├自分用メモ |
<< 憂楽帳:「矛盾」してていい【藤... | 【問題】コインを2枚投げたら1... >>