マーク・スチュワート、最狂コラボによる最新ソロ・アルバムを発表
70年代後半にブリストルの伝説的なポスト・パンク・バンド、ザ・ポップ・グループを率い、その後マーク・スチュワート&ザ・マフィアやソロ名義で活躍し、今日に至るまで先鋭的なアーティストたちに大きな影響を与え続けているマーク・スチュワート。4年ぶり、ソロとしては7枚目となるニュー・アルバム『ザ・ポリティックス・オブ・エンヴィー』を発表する。

2010年に再結成したザ・ポップ・グループとして昨年のSUMMER SONIC 2011において初来日し、その後も各国のフェスやイベントに出演し新旧のファンの注目を集めているマーク・スチュワートであるが、本作『ザ・ポリティックス・オブ・エンヴィー』は、プライマル・スクリームやマッシヴ・アタックのダディ・G、レゲエ/ダブの巨匠リー・ペリー、ニューヨーク・パンクのオリジネーター、リチャード・ヘル、スリッツのテッサ・ポリット、レインコーツのジナ・バーチ、PILのキース・レヴィンと元ジーザス&メリー・チェインのダグラス・ハート、さらにカルト映像作家のケネス・アンガーやロンドン・アンダーグラウンド最先端のトリオ、ファクトリー・フロアといった錚々たる面子が参加。キリング・ジョークのユースとの共同プロデュース。日本盤のみボーナス・トラック2曲を収録し、3月21日に日本先行発売する。

また本作に先がけて、ボビー・ギレスピーとのPVが公開され話題となっている1stシングル「アウトノミア」の配信が決定した。PVの監督をダグラス・ハートが務め、プライマル・スクリームが全面参加したこの楽曲に、ブリストルのダブステップ・シーンのパイオニア、ピンチとグラスゴーのダブ・ユニット、オプティモのJD・トゥウィッチによるリミックスを加え2月29日に配信開始する。
おいリー・ペリーってまだ生きてるのか、いくつなんだよ(Wikipedia によると75歳らしい)。
[PR]
by nobiox | 2012-02-17 00:34 | ├音楽 | Comments(0) |
<< 「デマかもしれないけど、いい話... | 頼む。お願いします。喧嘩商売を... >>