Adobe Creative Cloud とは何か - 2
未来検索ガジェット通信 - エキサイトニュース
アドビ システムズは2012年上半期に、ソフトウェア製品やサービスを年間契約のサブスクリプションで利用可能にするクラウドサービス『Adobe Creative Cloud』の提供を開始することを10月のイベント『Adobe MAX 2011』で発表しました。これに伴い、デザイン・開発向けソフトウェア製品『Creative Suite(以下『CS』)』やこれを構成する『Photoshop』『Flash Professional』などのソフトウェア製品のアップグレードについて、次期バージョンからは過去の主要1バージョンのみをアップグレード対象にすると発表。『CS4』以前の製品を使うユーザーから反発の声が挙がっています。

『Creative Cloud』とは何なのか、従来のパッケージ製品はどうなるのか……などの疑問に答える形で、アドビは11月18日に『Creative Cloud』のプレス向け説明会を開催しました。この日はモバイル用『Flash Player』の開発終了で注目されるFlashプラットフォームの今後についても言及。日本法人から正式な見解が明らかにされています。

『Creative Cloud』では、大きく分けて『Creative Apps』『Creative Services』『Creative Community』の3種類のサービスが提供されます。その内訳は次のとおり。

■『Creative Apps』の内容
・『Adobe Creative Suite Master Collection』に含まれる以下の全製品が利用可能になる
Adobe Acrobat Pro
Adobe Photoshop Extended
Adobe InDesign
Adobe Illustrator
Adobe Contribute
Adobe Dreamweaver
Adobe Fireworks
Adobe Flash Builder Premium
Adobe Flash Catalyst
Adobe Flash Professional
Adobe After Effects
Adobe Premiere Pro
Adobe Audition
Adobe CS Live

・現在ベータで提供している下記の製品が利用可能になる
Adobe Edge
※HTML5/CSS3ベースのアニメーションやインタラクションを作成するツール
Adobe Muse
※デザイナー向けウェブサイト作成ツール

・Androidタブレットや『iPad』で動作する下記のアプリ製品群『Adobe Touch Apps』が利用可能になる
Adobe Photoshop Touch
※タブレット向けの『Photoshop』
Adobe Collage
※コラージュやイメージボードの作成ツール
Adobe Debut
※プレゼンテーション用ツール
Adobe Ideas
※ベクターグラフィックスツール
Adobe Kuler
※カラーテーマ作成ツール
Adobe Proto
※ウェブサイトのプロトタイプ作成ツール

■『Creative Services』の内容
・20GBのクラウドストレージ
・『Adobe Touch Apps』とパソコンの同期サービス
・電子出版サービス『Digital Publishing Suite』の『Creative Cloud』版
・ウェブサイトの構築・管理用サービス
・ウェブフォントサービス

■『Creative Community』の内容
・アイデアやクリエイティブを共有するサービス
・テクニカルサポート
・ユーザーフォーラム
※コミュニティ機能については多くの部分が未定

料金については、個人で年間6万円(月割り5000円)、ワークグループのライセンスで年間9万円(月割り7500円)。いずれも年間契約が必要になります。「ワークグループ」が法人を指すのかどうかなど、詳細な定義については今のところ不明。年間契約のほかにも、月々で支払う、必要な期間だけ支払うなどの料金体系も用意するようですが、詳細は未定となっています。

WindowsとMac、複数台のパソコンなど、1ユーザーが複数の端末で利用する場合の料金は不明とのこと。

月額5000円、消費税足すと5250円らしい。
[PR]
by nobiox | 2012-02-01 16:05 | ├Mac OS X |
<< Adobe Creative ... | Adobe Creative ... >>