コードレス マウス ホールドが外れる 抜ける チャタリング chattering
ロジクール MX レボリューション。ひじょーに気に入ってるんだけど、さいきん「移動中にホールドが無効になる」現象が頻発する。

「移動中にホールドが無効になる」とはどういうことか、説明しづらいんだけど、
Finder でドラッグ中のファイルが意図しない場所で落ち、
テキストエディタで選択しようとした文字列が意図しない場所で途切れ、
「ホールド」が「ダブルクリック」に判定されたりとか。
つまり「どこかで、いったん指を離した」と判定されるらしい。

とりあえずドライバを最新版に更新してみたけど変化なし。
初期設定ファイルを捨てて再起動してみたけど変化なし。ま、そうだわな。ソフトじゃなくてハードの問題だろうと、なんとなく思ってたのだ。今日 Amazonのレビューを読んでいて、ついに、この現象の名前を知った。チャタリング(chattering)。

「リレー接点やスイッチ接点が,切り替わった直後にばたついて,信号がON/OFFを繰り返す現象.キーボードにチャタリングが発生した場合は、同じ文字や2・3種類の文字が勝手にタイプされ続けたりする。ゲーム用のボタンやジョイスティックでチャタリングを起こすと、プレイヤーの操るキャラクターの動作が間欠的なものになることがある」

うむ。これだ。chatter というのはチャットと同根の単語で、「カタカタいう」みたいな意味らしい。コードレスかどうかは無関係なのか。多くの場合「クリックがダブルクリックと判定される」らしく、「ホールドがダブルクリックに判定される」というのは珍しい例みたいだけど、原理は同じだろう。どうもロジクールは「高性能だけどチャタリングが起きやすい」という定評があるらしい。しかしもうすっかり、ロジクール無しじゃ生きていけないイヤラシイ身体にされちゃったしなあ・・・つかそもそもMX レボリューションってとっくの昔に廃番なのか。さて、どうしよう。
[PR]
by nobiox | 2011-07-22 00:31 | ├Mac OS X | Comments(0) |
<< AKB48 なんてほんとに売れ... | 2003年のパンクバンド >>