銀座線はどこで地下に潜るか。渋谷現地レポ2011.05
渋谷・宮益坂下から見上げる銀座線と東急百貨店東横店。ご覧の通り、銀座線渋谷駅は地上3階にある。それでは、あの8階にあるという、ちびっ子プレイランドに行ってみよう。※以下すべての写真は、クリックすると(僕の環境では)拡大表示されます。
c0070938_1121143.jpg

東急東横店東館の屋上、ちびっ子プレイランドより見下ろす銀座線。東急文化会館跡地に Hikarie(ヒカリエ)という巨大ビルが建設中で、銀座線はその脇を走っている。図中「空中通路」と書いたのは、東急東横店から渋谷駅前ロータリー上空を、渡り廊下のように突っ切る歩行者用通路。同じ位置からの「未来航路」さんによる2008年の写真と見比べると、3年前より銀座線の天井が延長され、そこが工事用の資材置き場になっていること、3年前にトンネル入り口付近に建っていた小さなグレーのビルは今も同じように存在すること、同じく日米英語学院の看板も健在だということがわかる。
c0070938_19224131.jpg

「未来航路」さんによる2008年10月25日の写真。転載の許可をいただきまして感謝します。
c0070938_1411558.jpg

小さなグレーのビルの拡大図。左右両端が赤い、何かの看板が見える。また、「白い乗用車」より手前、「物置」より奥に、「手すりのあるビル」が見える。
c0070938_146244.jpg

「未来航路」さんによる2008年10月25日の写真。ここに映っている手すりのあるビルは、上と同じビルなのか? たぶん同じだと思う。あまりにも似ている。
c0070938_2055.jpg

東横百貨店を下りて宮益坂を200メートル上り、やってきました。クリックでかなり拡大します。正面は宮益坂。左(渋谷方面)に向かって微妙に下っているのがわかる。振り向くと青山通りと日本キリスト教団渋谷協会。左が仮設ゲート。ゲートの向こう(左)は細長い仮設資材置き場。その直下を銀座線が走っている。右が「左右両端が赤い看板」と、紺色の建物。左右両端が赤い看板の店は、「賃貸不動産アンビション」。住所は渋谷区渋谷 2 - 16 - 8 南雲ビル1F。こちら→はGoogle マップによる俯瞰図
c0070938_1125212.jpg

仮設ゲート越しに見る、遥かなる東横百貨店ちびっ子プレイランド。左は建設中の巨大ヒカリエ。
c0070938_19232157.jpg

仮設ゲートの隙間から覗く仮設資材置き場(作業場と呼ぶべきかも知れない)。現地に行って写真を撮ってレポート書いて3日たって初めて気付いたが、おお、あの
白い乗用車
が映っているではないか。どちらも2011年5月1日(日曜日)に撮った写真だ。たぶん時間差は十分弱。メーデーだったからなのか日曜日だったからなのか、この日、工事は停まっていた。白い乗用車は動いてないと思う。「白い乗用車」と「仮設ゲート」は、ちびっ子プレイランドからの写真では至近距離に見えるが、実際にはずいぶん距離があるようだ。「手すりのあるビル」は、さらにその向こうにあるはずだ(後記:その後の現地調査により、「手すりのあるビル」は「第106東京ビル」と判明しました。住所は渋谷区渋谷2-19-17)。銀座線がどこで地下に潜るかという疑問に正解はないが、とにかくだいたいこの辺りだ。
c0070938_19233566.jpg

[PR]
by nobiox | 2011-05-01 19:24 | ├地図 | Comments(0) |
<< 液状化古地図現象 | 何を信用するか >>