ササクレ屋を節電啓発大臣に
石原都知事に蓮舫大臣が節電協力を要請

 東京都の石原慎太郎知事(78)は14日、元報道キャスターの蓮舫節電啓発担当大臣(43)から節電への協力要請を受けた。
 石原知事は「政令を出すべきですよ、政府の権限なんだから。節電に協力させるために夜10時以後は消灯、ネオンなんかつけるな、とかね。政府の権限で言い渡せば国民全部が納得するんですから」と国で節電の政令を作るべきだと訴えた。また、石原知事はコンビニの深夜営業や自動販売機の深夜稼動の休止などを提案したようです。

石原は例の、問題になって翌日謝罪した「天罰」発言の直前に、こんなこと言ってたんですね。今日まで全然知らなかった。天罰発言より百倍ツッコムとこなのに、そう思った人はほとんどいなかったのか。天罰発言は「気持ちの面でハイリョに欠ける」だが、「コンビニの深夜営業休止」は積極的に害悪だ。あのなあ、夜は電気余ってるんだよ。余った分は溜めておけないから、捨ててんの。だから一部の人が夜間に活動して昼間寝ることには、オフピーク(ピークオフ?)効果があるの。だって、そういう層が夜寝てみんなと同じように昼間に電気使う暮らしにシフトしたら、却ってピーク時の電力消費が増えるでしょう。いわゆる石油ショックの時なら、運用次第では深夜の節電も意味ある訳だけど、今はそういう状況ではない。今の電力不足を乗り切るための喫緊の課題は、ピーク時の最大消費電力の抑制なの。

自動販売機を深夜だけ止めても意味ないの。「だけ」で行くなら、季節ごとのピーク時だけに止めるの。季節ごとにピークが何時頃になるのか、僕はよくは知らない。夏は冷房需要で午後3時、冬は暖房需要で午後7時、とか? そんな感じ。どっちにしても、どの季節においても、

深夜にはピークは来ないの。たいていの人は寝てるから。

もちろん一部の深夜族のうちのさらに一部は、夜間に活動した上にピーク時にも電気を使うだろう。だとしても現状では間違いなく言える。深夜にはピークは来ない。東京電力だって深夜に余ってる電気を使って欲しくて、深夜の電気料金割引プランってのを出してるの。僕だって知ってるよそのくらい。

◆ ◆

僕がこの石原発言を知ったのは「ササクレ屋」というブログを通してです。「ササクレ屋」素晴らし過ぎる。「べつに電気も詳しくないし物理も勉強したことないし」と書いてあるけど、少なくとも僕より頭がいいのは間違いない(すみません褒め言葉になってません...)。いままで読んだ節電問題関連の言説の中では、ダントツでこれを支持する。

ササクレ屋「東京ドームのナイターの電力を日常生活で例えたら」
ササクレ屋「節電のはなし 続き」
ササクレ屋「結局、東京ドームのナイターの電気はどうなのw」
ササクレ屋「もう節電の話は…」

東京ドームが使う電気と試合を自粛した場合の比較の過程には多少疑問を感じるけど、その疑問はご本人も感じておられて、結論は「実際にナイターが中止になったら、観客になっていたはずの人が何kWの電力を使うかなんてわからないのではっきりいって節電になるのかかえって無駄遣いになるのか断言できない」「この日記の主旨は『計算ではナイター開催はむしろ節電なのでやるべき』ということではありません。節電を理由にするのに節電について誤解が多すぎ、節電効果を考える人が少なすぎたので暇な私がそれを説明」だそうです。なるほど。

ササクレ屋さんのこの記事をmixiで引用した人が袋叩きに会ったそうだ。むう。イヤ、よくよく検証したらササクレ屋の計算は間違いでした、っていうんならそれはそれでいいよ。それだったら「ダントツで支持する」なんて書いた僕も、喜んで謝りますよ。「何もイベントがない静かな夜」と、「東京ドームで巨人戦、後楽園ホールで幕内一歩の世界戦、横浜アリーナでヨン様のコンサート」がある夜の方が消費電力少ないって言うのか阿呆かふざけんな、という感性はもっともだと思うし、そういう疑問は僕も感じる。だけど、その疑問をまじめに検証せず、そこを聖域にして、とーにーかーく自粛しとけば間違いないの、自粛しないヤツは気違いなの、そこに疑義を提出するヤツは徹底的に叩くの、という思考停止が恐ろしい。例えばよくある反論として「4万人入るとしたらその4万人ぶんの電車が使う電気も・・・」とかあるらしいけど、いや今のところ、巨人戦あろうがなかろうが電車動いてますから。「東京ドームで試合がある夜は電車が動いてる」。なるほど、その通りだ。しかし、あなたが自宅でパソコン使ってる夜も、電車は動いてるんですよ。

◆ ◆

蓮舫は節電啓発が仕事なんだったら、なによりもまず、「被災地のみんなのために節電しよう」という根本的な誤解を解くのが急務じゃないか。この誤解が広くゆきわたった原因のひとつは、あの、芝居がかった、悲壮感と思いやりを強調した、蓮舫の節電啓発大臣就任会見だと思う(僕は蓮舫が宝塚出身かと誤解してしまった)。もしかしたら蓮舫自身がそういうふうに誤解してるんじゃないかと心配になってくる。東京都民の節電は、(直接的には)東北の被災者には何の役にも立たない。東京都民の節電は、東京都の暮らしを守るためだ。

あと、買い溜めを控えよと訴える人は、その前に、従来に比べて入荷量が変わってないもの、減ってるけど復旧の見通しが立ってるもの、がくんと大きく減ってるもの、なんかをおおざっぱな地域ごとに調べて、発表して欲しい。蓮舫の権限があればすぐできるだろう。

地震の影響で、あるいは地震以外の原因で、実際に生産量あるいは出荷量あるいは流通量あるいは入荷量が減ってるものはいろいろある。納豆だとか。パルプだとか。特殊インクだとか。自動車部品だとか。「丸亀製麺」では最近、ゆで卵の天ぷらが消えた。聞いたら「地震の影響で卵が入って来ない」だそうだ(じゃあなんでおでんの卵はあるのよ、と思ったけど、突っ込まなかった)。牛乳は生産能力は減ってないけど紙パックが不足してて出荷できないという報道も見た(フジテレビ)。今日(4月3日)近所のコンビニではビールの棚がすっからかんだった。店員の話では「計画停電の影響で生産が減ってる」だそうだ。店員はそう言ったけど、もしかすると水系の放射能汚染のせいかも知れない(さらに追記:今日4月4日、新宿のコンビニではタバコがスッカラカンだった。店員に聞いたら、JTさんの工場がぽしゃったみたい、と言ってた)。とにかくさあ、原因も調べずにすべてが買い溜めのせいだ、とか言ってるよりは、実態を調べて公表した方が、愚かな買い溜めの抑制効果は上がるような気がする。

今こそサマータイム導入を!|西陣に住んでます
[PR]
by nobiox | 2011-04-02 16:48 | ├自分用メモ | Comments(0) |
<< エントリーシートという地獄 | なぜ日本では略奪が起きないのか? >>