断言する。茂木健一郎はお馬鹿さんじゃない。はずだ。
玉井克哉東大教授(知的財産法)という人の「カンニングを刑事事件したのはおかしい」なんて的はずれ!京大入試業務妨害事件「犯人逮捕」は間違っていない という記事を読んだ。勝手に要約すると

問題の受験生はカンニングによって逮捕されたのではなく、業務妨害罪で逮捕されたのである。業務妨害はげんに起きた。単に参考書を盗み見るというような通常のカンニングとは違い、ネットで公開カンニングされている事実を察知したら大学はリアルタイムで膨大な手間のかかる対応をしなくてはならない。そんなことはよほどのお馬鹿さんでなければ -最低限の推論能力さえあれば- 誰でもわかる。今回のケースで実際に大学の業務に深刻な影響が出たことは間違いない。

当初は複数犯だろうとか内部犯行かもとか入試制度に批判的な勢力によるテロかもだとか考えられたのであるから、大学が被害届を出すのは当然。逮捕してみたらどうやらただのカンニングだったらしい、と判明、しつつあるので、その意味で多少同情的な声が出るのも理解できんことはないが、それはあくまでわかった後の理屈であり、当初大学が被害届出したこととか警察が逮捕したことをさかのぼって批判するのはおかしいだろ。
というようなことが書いてあって、勉強になった。伝統的なカンニングと今回のケースで、業務執行への影響度の違いを指摘した意見ははじめて聞いた。なるほど。

ただ、勉強にはなったけど、京都大学がそういう理屈で対応してたとは思えない。

いや、当初は事件の規模も意図もわからなかったからとりあえず急いで被害届出した、というのはまさにその通りだろうけど、逮捕後にそのような主張はしていない。少なくとも僕が読んだ範囲では、松本紘学長は記者会見で、伝統的なカンニングと今回のケースの違いとか、対応にいかに異例な金と人員を費やさざるを得なかったかとか、ただのカンニングだったら有罪は望まないとか、いやカンニングの有罪は望まないが業務妨害については厳正に判断していただきたいとか、とにかくカンニングそのものと、それによって発生した業務妨害とはぜんぜん違う問題だという点は是非みなさんにご理解いただきたいだとか、業務妨害で被害届を出したのは、直接カンニングを禁じる法律が存在しないために仕方なく別件逮捕的に緊急避難的に方便で、というような話では全然なく、現に深刻な業務妨害が発生したのだし、その点でこそ我々は被害を被った、カンニング自体について被害届けを出したわけではないのだとか、そんなことは全然言ってない。もしそう思ってるならそう主張するべきだし、じっさいそう主張するだろうから、たぶん、そうは考えてないのではないか(もちろん、これから考えを変えるかも知れないが)。なるほどと思わされたので玉井克哉教授の意見には敬意を払うけど、だからといってその敬意が自動的に京大には向かない。

◆ ◆

よほどのお馬鹿さんでなければそのくらい想像できるだろ、というのも同感できない。僕はこれを読んで初めてそこに思い至った。読むまでは想像できなかった。

それはお前がよほどのお馬鹿さんだからだよ、と言われればそうかも知れないが、僕だけでなく、似た意見を他で見たことも聞いたこともない。受験経験(あるいは身近に受験生の苦難を見聞する経験)のある日本人は非常に多いので、受験側の大変さはよく知られているし、それ以前に、勉強がいかに苦痛かとか、勉強がいかに眠気を誘うかとかいうことを、大多数の日本人は実感している。一方、試験執行側の大変さなんて、問題の作成・チェック・確定・印刷・試験場への配布・試験監督・答案の回収・採点・集計・決して遅延の許されない結果発表、というような一連の業務に関わった経験でもなければ、あんまり想像できないんじゃなかろうか。

じぶんの頭のよさを常にアピールしている(ように僕には見える)茂木健一郎は大学勤務経験も豊富みたいだから入試運営の実態も経験してるんじゃないかと思うけど、それでもそんな指摘はしていない。むしろ通常のカンニングと一緒じゃん、と主張している。茂木健一郎級に頭がよくてもそこに思い至らないとしたら、よほどのお馬鹿さんでなければ想像できる、とは言えないと思う。
[PR]
by nobiox | 2011-03-08 14:48 | ├自分用メモ | Comments(0) |
<< Yahoo! 知恵袋公開カンニ... | Yahoo! 知恵袋公開カンニ... >>