Yahoo! 知恵袋公開カンニング事件その1
「一刻も早い全容解明を」=予備校生、不合格に−京大学長

 京都大の松本紘学長は京都市左京区の大学本部で午後に記者会見し「厳正公正であるべき入学試験で不正行為が発生したことは受験生をはじめ社会に不安を与え誠に遺憾。一刻も早い全容解明を願っている」と述べた。
 京大では、10日に合格発表が予定されている。松本学長は、通常通り採点業務を行い、その後、逮捕された予備校生の解答と掲示板に掲載された回答との照合など学内調査を実施、府警の捜査内容とも合わせて不正が明らかになった場合、仮に合格ラインに達していてもこの予備校生を不合格とするとした。
 事件について松本学長は「受験生が合格するよう努力するのは当然だが、努力の方向が違う」と指摘。予備校生に対しては「不正行為が事実であれば残念。自らの行為を反省して更生してほしい」と話した。
 また入試監督業務については「試験監督は厳正に行うよう指導し、研修もしており、不正がないよう万全を期していた」と適正だったことを強調。「それをかいくぐって不正が行われるならば今後しっかり対策を考えたい」とした。
(2011/03/03-19:27 時事ドットコム)

入試問題ネット投稿:大学、対策の強化検討 「限界がある」と戸惑いも /石川
毎日新聞 3月4日(金)15時46分配信

 京大などの入試問題がインターネットの質問掲示板に投稿された問題が、県内の入試事情にもじわりと影響を及ぼしている。複数の大学が今月実施する後期日程で、巡回の頻度や監視役を増やすなど対策の強化を検討。ただ、ネットを駆使したカンニングは大学側にとって想定外。「受験生を信用するのが試験。対策にも限界がある」と戸惑いを隠せない。【近藤希実】
 各大学では従来から、受験生20人程度に監督員1人ずつを配置。試験開始前に口頭で携帯電話の電源を切り、カバンの中にしまうよう指示。試験中は監督員が巡回し、受験生がトイレに立つ場合は随行するなど、防止策は取ってきた。
 今回の問題を受け、県立大(野々市町)では「不正がないよう、より厳密に対応したい」と、会場を回って携帯電話を片付けているか確認する担当者を1人増やすことを検討。カバンは足元ではなく、会場の後ろや廊下にまとめて保管し、不正防止を強化する。
 金沢大(金沢市)はこれまで口頭での指示だけだったが、注意を促す文書も会場内に掲示することに。県立看護大(かほく市)は監督員が巡回する頻度を増やす。星稜女子短大(金沢市)は「強化策を考える」という。
 ただ、ネットへの投稿が見つかった京大や早稲田大のように、100人以上が一つの会場で受験する大学は県内にはない。「数十人なら目は行き届く。受験生はただでさえ緊張しているのに、あまり神経質になるのも……」という声も。
 対策は現状通りという大学でも、「どうやって投稿したか手口がわからないと、防ぎようがない」「携帯を二つ持ってる受験生もいる。身体検査をするわけにもいかない」と頭を痛めている。

大学ってバカばっかなのか?

今、通常よりも警戒を強めるというのはまったく論理的でない。事件のせいで、多くの受験生諸君は、カンニングがバレることの恐ろしさを実感したんじゃなかろうか。多くの受験生にとって、今こそが、心理的に、ひじょーにカンニングしにくいはずだ。

彼らは同時に、公開の場で公開カンニングすることの愚かさも学んだ。今、間違いなくひじょーに多くの目が、Yahoo! 知恵袋や教えて!Gooや人力検索はてなを監視している。ボランティアで。こんな時に質問サイトでカンニングしようなんて考えるバカがいるはずないじゃん。いたとしても100パーセントバレる。大学が監視しなくても、ボランティアのみなさんがツイッターで通報してくれるのである(たぶん来年以降もそうなると思う)。いま警戒を強化することの、意味がわからない。

一般論として、カンニングを完璧に封じることは不可能だ。97%くらい防げればいいと思う。3%は、しょうがない。レアケースに大袈裟な対策するのは費用対効果の面で間違っている。

茂木健一郎 | クオリア日記 | 京都大学等におけるカンニング事件について

カンニング自体は発覚しないものも含めてある程度の数が行われているものと推定される。そして、「通常のやり方」によるカンニングが発覚した場合、今回の事件のように「偽計業務妨害罪」での被害届けが出されるかと言えば、必ずしもそうではないだろう。

 今回の受験生が、その手法の「目新しさ」ゆえに「警察沙汰」になってしまったとすれば、他の事例と比較しての公平性の点からも、はなはだ疑問だ

同感だなー。茂木健一郎の意見のすべてに同感というわけではない(会社の自治や相撲部屋の自治や球団の自治に比べて、大学の自治なるものの価値をどうしてそこまで神聖視するのか理解できない)が、この引用部には完全に同感だ。

何が「一刻も早い全容解明を」だよ。もう全容はわかったじゃないか。本学は決してカンニング行為を赦さないけれど、それは本学が本学の意思と権限において赦さない、というだけで充分なわけで、刑事罰を課すなんてことは望まない。一刻も早い釈放と母子ともどもの心のケアを、いやもちろん本学は決して赦さないのであるから、本人はどれほど反省しても反省し過ぎということはないんだけど、反省と制裁はちゃいますで。現状は心理的な制裁を受け過ぎですわ。新聞には、お母はんまでショックで失語症たら書いたりましたしなあ、ほんま心配してますわ。うちらが被害届け出したんも、いま思うと阿呆でしたわ、反省しとります、ぐらい言ったら拍手喝采だと思うんだけど。

まあしかしここまで大袈裟になってしまった以上、今釈放してあした自殺されたらどうすんだ、みたいな心配もしなくちゃならず、ああ、深刻だなー。
[PR]
by nobiox | 2011-03-05 14:26 | ├自分用メモ | Comments(0) |
<< 断言する。茂木健一郎はお馬鹿さ... | 「去年マリエンバードで」ゲーム... >>