祝、DropBox バージョンアップ
「新しくコンピュータを買ったらなにはともあれインストールしないことには話にならんアプリ」というのが、コンピュータを使う人ならそれぞれ、誰にでもあるだろう。ちなみにウチの韓流おたくのヨメに訊いてみたら、「KMPlayer」だそうだ。ふーん。僕の場合、長らくそれは「mi(俗名ミミカキ)」だった。長らくと言うか、WEBサイトを作るようになって以降、mi のないコンピュータライフは考えられない。さらにその後、「DropBox」が加わった。

DropBox の素晴らしさはいまさら語るまでもないが、欠点もある。DropBox はファイルの内容を同期してくれる一方、ファイルのアイコンを無視する。コメントも無視する。Windowsではどうなのか知らないが、Macではそうだった。タイプとクリエータ(Snow Leopard 以降は廃止だそうだけど)も無視する。そういう仕様なのだと、あきらめていた。というか、Macが独自過ぎる仕様を採用してるのが悪いんだろう、と思ってあきらめていた。だって SugarSync も同じ仕様だし。

アイコンなんてお楽しみ機能は別にどうでもいいだろ、と思われる向きも多いだろうが、独自に貼ったアイコンが無視されると、例えばミミカキのツールバー下図Aが、Bになるんですよ。実際問題として作業効率が落ちるのだ。
c0070938_1663590.jpg
c0070938_1672224.jpg
ところが、こういう記事をみかけた。

Dropbox、バージョン1.0になって新機能も追加
by Devin Coldewey on 2010年12月20日

Dropbox開発チームには、長い間数多くのウェブベース企業が避けて通ってきたこと ― バージョン1.0製品の公開 ― を実行したことに対して心から祝福の意を表したい。もちろんこれは少々あいまいな話ではある ― この有用で人気の高いサービスは、すでにかなりの期間立派に動いてきており、私には「ベータ版」の但し書きがいつも不可解に感じられていた。しかし、彼らはベータの名称を外すに値すると自ら感じたことを実行し、今回大きな改善を施した。

おそらく最も重要な新機能は、選択的な同期だろう。どのコンピューターがどのフォルダーと同期するかを選択できるので、外出時の高解像ビデオのバックアップで、コーヒーショップの乏しいWiFiを占有する心配をしなくてすむ。これでDropboxはこれまで以上に万能なツールになったと思う。私はもっと本格的に使っていくつもりだが、デスクトップPCがMacノートをOS依存のゴミファイルで汚染したり、その逆が起きるのを心配する必要がなくなった。

また同社は、メタデータ(アプリ内でのファイルのロック等)の同期問題がなくなったことを請け合っており、これでビジネスでの利用にも適合する。クライアントソフトも見直した結果メモリ利用の効率が高くなったたという。新バージョンはすでにダウンロード可能で、現バージョンに上書きインストールできる。

最も重要な新機能は選択的な同期らしいが、僕の場合、それよりビビーンと来たのは「メタデータの同期問題がなくなったことを請け合っており」だ。「メタデータ」って何のことなのかは知らないけれど、「実データ以外のデータ」ってことでしょ。え、もしかして、それって。

で、バージョン1.0を入れてみましたよ。なんと、アイコンも同期される。素晴らしい。
[PR]
by nobiox | 2010-12-24 15:41 | ├Mac OS X | Comments(0) |
<< いくらなんでもサイクルが早過ぎる。 | 都の性描写規制案、総務委で可決... >>