何が検察を暴走させるのか
よそ様のブログ記事の要約のつもりで書き始めたのにやたらと長くなったので、主に言いたいことだけ先に書いておく。検察が証拠を改竄して容疑を捏造するなんてのはとんでもないことだが、これは、検察はこれを機会に膿を出し切れ、とか言って済む話ではなく、「逮捕されたら悪者」「起訴されたら悪者」というような世間の意識(これは、マスコミを批判して済む問題じゃない)も、検察の暴走に荷担している。我々自身も反省すべきだ。同じ意味で、小沢一郎の起訴が決まったからといって離党を求める民主党員も反省しろ。大阪地検特捜部証拠フロッピー改竄事件を糾弾する記事の隣に、起訴決定した以上小沢は議員辞職せよ、とか、最低でも離党を、てな社説を並べて疑問を感じないらしい多くの新聞社も、どうかしてるぜ。

◆◆

以下は「有罪率99%」の謎の要約(文責はnobio)。

日本の裁判の有罪率は99%で、国際的に見て異様に高い、という話をよく聞く。それは事実だが、ただ、これを「逮捕されたら99%有罪」と受け取るのは間違い。逮捕件数と有罪件数の比はそんなに高くなく、国際的な平均水準に近い。なぜかというと、日本は起訴率が低いからだ。多くの国では犯罪の疑いのある者を起訴することは検察官の義務とされているが、日本では起訴するかどうかは検察官の裁量にゆだねられており、そのため「送検された被疑者が起訴される率」が63%と、国際的にみて低い。

ちょっとわかりにくいので、乱暴に整理してみる。100人が逮捕、送検されたとして、そのうち

多くの国:98人が送検され、うち57人が有罪判決を受ける
この日本:63人が送検され、うち62人が有罪判決を受ける

・・・と、だいたいこんな感じ。多くの国では、被疑者を検察が起訴し、有罪無罪は裁判所で判断される。日本では、被疑者のうち「間違いなく有罪に持ち込める」と検察が判断したぶんのみが起訴され、裁判ではほぼ自動的に有罪になる。要するに日本では、実質的に検察官が司法判断を下す。

無罪判決が出ると、検察が判断ミスを犯したとして責められ(メディアもそう書く)、そのため彼らは絶対の上にも絶対の自信がない限り起訴を見送る。
裁判官も罪状についての認識は検察官と同じだから、無罪にすることは勇気が必要だ。無罪判決を多く出す裁判官は「変わり者」とみられて、処遇も恵まれない。弁護士も確実に負ける刑事裁判はやりたがらないので、いい弁護士がつかない。したがってますます無罪になりにくい・・・という悪循環になってしまうのである。
問題は有罪率が高いこと自体ではなく、司法が実質的に行政官によって行われ、裁判以前の段階で事実上の「判決」が下されることにある。これは立法行為を実質的に官僚が行い、国会がそれを事後承認する機関になっているのと似ている。

◆◆

以上で「有罪率99%」の謎の要約は終わり。ところで検察審査会というのは戦後間もなく(1948年)GHQの指示で始まり、
Wikipediaより:2009年5月20日以前は、検察審査会が行った議決に拘束力はなく、審査された事件を起訴するかの判断は検察官に委ねられるため、「不起訴不当」や「起訴相当」と議決された事件であっても、結局は起訴されない場合も少なくなかった。しかし、司法制度改革の一環として、検察審査会法が改正され(中略)、議決に拘束力が生じるようになった(2009年5月21日に施行)
らしい。小沢一郎の強制起訴が決まったことで、離党を求める声が民主党内から出ている、というような報道を見かけるけど、「起訴されたら悪者」なんてのは間違っている。

2010年2月、空港の荷物検査でマキシモ・ネルソンの鞄から銃弾がひとつ発見され、逮捕された。当時は野球ファンのブログなんかで、逮捕されたんだから中日はネルソンを解雇しろ、というような意見をよく見た。バカを言うな。「逮捕されたら解雇」なんてのは「起訴されたら悪者」以上に、めちゃめちゃ間違っている(ついでに言うけど、有罪になったら当然解雇、というのも間違っている。ネルソンの例なんて、撃つ目的での所持じゃないことは明白なわけで、球団はペナルティを課すよりもむしろ、全力でかばうべきだったと思う)。有罪率の高さがこういう認識を生むのかも知れないが、逆に世間のこういう思い込みが有罪率の高さに荷担している面もある。

「有罪率99%」は謎か異常か?は元検弁護士による「有罪率99%」の謎に対する批判的な記事みたいだけど、
検察の(起訴に慎重な)姿勢については検察内部の一部(例えば私^^)にも若干の批判はあるのですが、マスコミの報道姿勢などとも関係する大きな複雑な問題で
現状はマスコミは(そして世間も)逮捕有罪推定主義、起訴有罪確信主義とも言える状況です。
 逮捕されただけで職場は首になる。
 子供は学校で苛められる。
 奥さんは村八分状態。
 という事態が普通に起こるのです。

 その反動として、起訴した事件が無罪になれば、世間やマスコミは「不当起訴」として警察や検察を批判します。
・・・ということで、そういう中で無罪の人を起訴すれば重大な人権侵害が懸念されるのだから、当然、検察は起訴に慎重であるべきだし、じっさい慎重になるのだ、と主張されている。

単純に聞けば「起訴に慎重になる」なら「冤罪は少ない」はずだが、実際には起訴に過剰に慎重になることと、「やると決めた案件はどんな手を使ってでも有罪を勝ち取る」「無罪判決なんて出たらメンツ丸潰れ」という強迫観念は、同じコインの裏表だ。と、思う(想像)。

池田信夫 blog : 「有罪率99%」の謎 - ライブドアブログ
池田信夫 blog : 冤罪を生む検察の完璧主義 - ライブドアブログ
「有罪率99%」は謎か異常か?
[PR]
by nobiox | 2010-10-07 13:57 | ├自分用メモ | Comments(0) |
<< 児童ポルノ問題概説 | タモリ式入浴法のうわさ >>