「チェイサー」(2008韓国/125min.)
★★★……………おもしろかった。怖さを期待してはいけない。

ダークなトーンの社会派クライムサスペンス。かと思って観ていた(20分)ら、
戦慄の、緊迫の、狂気の猟奇連続殺人の、ホラーの邸の話だった。

と、思ったら、犯人はなんとあっさり警察に捕まり、あっさり殺人を自供する(40分)。実話の映画化だそうだが、なんという意外な展開だろうか。ヒッチコックもびっくりとはこのことだ。
しかし犯人は、自宅がどこなのか思い出せないと言う。そこから始まるじりじりしたまだるっこしい探索劇。怒号はたくさん出てくるが、血も凶器も恐怖の叫び声もぜんぜん出てこない。イライラする。しかし飽きない。そぼ降る雨。とにかくなにかと湿度が高い。犯人役のハ・ジョンウは「家族ゲーム」の松田優作みたいな、「池袋ウェストゲートパーク」の窪塚洋介みたいなイッちゃってるおとぼけ感が魅力的。子役も素晴らしい。韓国映画のレベルの高さを改めて思い知る。映画版「踊る大捜査線」とか「相棒」なんて、これに比べたら幼稚園並だ。

それにしても「自供してる上に自供に信憑性があり、前科もあり、現住所と現職業が不明」な容疑者を証拠不充分で釈放するなんてことが、本当にあるんだろうか。救いのない無惨な結末は血しぶきたっぷり。エンディングは演歌風。
[PR]
by nobiox | 2010-09-04 19:38 | ├映画 |
<< 勝間和代と「アンチ」と、ネガテ... | 「暗くなるまで待って」(196... >>