怖い映画についてネットで情報収集したメモ
観て、怖かった映画

生まれてから見た映画でいちばん怖かったのは「エイリアン」だ。ひしひしと怖い。次点は「危険な情事」。観たときに、おお、これはエイリアンとよく似た怖さだ、と思った記憶がある。まあ、何回でも見返したい「エイリアン」に対して、もう一度見たいとはぜんぜん思わない「危険な情事」、という根本的な差はあるんだけど。
「ドーベルマン(ヴァンサン・カッセル)」と「マッドマックス(メル・ギブソン)」も暴力シーンが怖かった。おおいやだ。
「フルメタル・ジャケット」の前半と、「プライベート・ライアン」の最初の上陸シーンも怖かったな。
スピルバーグの「激突」。いま観たらどうかわからないけど、高校生のとき観たせいか、けっこう怖かった。

怖さを期待して観て、がっかりした映画

貞子が井戸から這い出してくるヤツ。バカみたい。
「シックスセンス(ブルース・ウィリス)」。まあまあ面白かったけど、怖くはない。
「シャイニング」。わからん。
スピルバーグの「ジョーズ」。高校生のとき観たけど、駄作。
ちなみに「ジョーズ」の原作本は、田舎町の閉塞感をリアルに描いた名作ですよ。高校生のときに読んだせいかも知れないけど。

以下、未見の怖そうな映画についてネットで情報収集したメモ

「REC」
断トツに怖いがB級な感じ。「28週間後」「28日後」「ドーンオブザデッド」などと比べると迫力に欠ける

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」
魔女伝説が残る森を舞台に、道に迷ったドキュメンタリー映画撮影隊の男女3人が直面する恐怖

「食人族」
モキュメンタリーの先駆けのひとつ。悪趣味だが見る価値あり

「フォーカス」浅野忠信
ホラーじゃないけど「REC」なんかより格段に面白い主観ショットの傑作

「es(エス)」ドイツ映画
特殊な状況下におかれた人間の、人格が壊れていく過程が非常に恐ろしい

「ガス燈」イングリッド・バーグマン
ハラハラドキドキのストーリー展開、文句なしの名作サスペンス

「暗くなるまで待って」オードリー・ヘップバーン主演の傑作サスペンス
ブロードウェイの大ヒット作を、盲目の主婦にヘップバーンという意外なキャスティングで映画化。

「恐怖の報酬」イブ・モンタン主演
トラックでニトログリセリンを運ぶスリルドキドキハラハラうひー恐怖系

「サイコ」「裏窓」「知りすぎていた男」「逃走迷路」「ダイヤルMを廻せ」
アルフレッド・ヒッチコック

「クライモリ」
まじに怖い。怖いだけでなく非常に良い作り、きっと満足。

「エンゼルハート」ミッキー・ローク
歌手を探して欲しいと依頼された探偵の行く先々で、殺人が起こる。うなされた映画です。

「彼が二度愛したS」
NYの秘密会員制セックスクラブを舞台にくり広げる大人のエロティック・サスペンス

「P2」
出口なき深夜の密室で起こる戦慄。容赦なきヴァイオレンス描写。リアル・サスペンスの超問題作

「ミザリー」
ストーカーもの。むちゃくちゃ怖い。最後泣きそうでした。

「シャイニング」
王道。秀逸。傑作。

「ファイナルデスティネーション」ちょっとエンターテイメント系だが、迫り来る死の描写はちょっとビックリ。風呂で滑ってワイヤーのようなものが首に巻きついて死ぬシーンはリアルで恐い。

「デッドコースター」
ファイナルデスティネーションの続編。怖くはないが一見の価値あり

「サイレントヒル」
レッドピラミッドシンクの腕力でものすごいビビった

「穴」
ホラー映画にしては見ごたえがあり、人間の極限を感じました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00018GY1U/
http://www.amazon.co.jp/dp/B0009Y29CY/

「フェノミナ」ジェニファー・コネリー
ウォッ!、と叫んでしまいました。

「エミリーローズ」
怖くないけどすげぇおもしろい。3回見たけど何度見てもおもしろい

「ボクシング・ヘレナ」ストーカーもの。気持ち悪い、怖い。
夢落ちなんてあんまりだ、という意見が多いが、私的には物凄い衝撃を受けました。

「サイレン島」
作った人は正気の沙汰じゃない

「ノロイ」
ある意味でスゴイ、クレイジーな日本映画。毒が強い。

「パラノーマル・アクティビティ」
135万円の制作費で全世界を恐怖で包んだ奇跡の傑作

「エスター」
「セブン」
「ソウ」
「キューブ」(子供には話が難しいかも。2は駄作)
「ペットセメタリー」(ある所に死体を埋めると生き返る話。)
「デモンズ」(かなり古いゾンビ映画です)
「ランド オブ ザ デッド」(典型的なゾンビ映画)

「悪魔のいけにえ」
「サスペリア」
「面会時間」
「赤い影」
「回転」
「影なき淫獣」
「八仙飯店之人肉饅頭」
「死霊のはらわた」
「痴漢ドワーフ」
以上が、1軍登録選手でございます。

「ヘルハウス」
「たたり」
「顔のない眼」
「何がジェーンに起こったか?」
「乙女の祈り」
「恐怖の蝋人形」
「チャンジリング」
「エクソシスト3」
「28日後」(走るゾンビのはしり)
「黒い家」

◆実話系
「チャールズマンソン」
「ジェフリーダーマー」
「ジョンゲイシー」

◆人間の狂気
「ゆりかごを揺らす手」→子持ちの方は恐いと感じるはず。
「レイジング・ケイン」→二重人格の話(まぁまぁのレベルかも)

「ザ・フォッグ」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9 …
「家」(DVDはセットで販売しているようです)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009W7 …
あとは怖いとかではないのですが
ハマーフィルムの作品はいいものがたくさんあります。
http://www52.tok2.com/home/spaceman/etc/HammerFi …
中川信夫監督の恐怖作品など、若い方は知らないと思います。
http://www2.odn.ne.jp/guccya-strange/nobuo/dvd.htm
が、今見ると怖くないかも。子供の頃は凄く怖かったんですけどね。
[PR]
by nobiox | 2010-08-23 21:56 | ├映画 | Comments(0) |
<< 「REC」(2007/75min.) | ツイッターについて英辞郎で調べ... >>