「ほっ」と。キャンペーン
「盗作かもしれない」 - 丸田祥三 vs 小林伸一郎
みなさんこれを見て思ったことなどを、ぜひブログに書いてください、と言われていたので、
▼「盗作かもしれない」前編(丸田祥三、切通理作、枡野浩一)2010年8月10日 新宿ネイキッドロフト
▼「盗作かもしれない」後編(丸田祥三、切通理作、枡野浩一)2010年8月10日 新宿ネイキッドロフト
を視聴しての感想を書いてみる。まず、枡野浩一さんという人に、とても好印象を抱きました。

裁判をやってるらしいけど、民事なのか刑事なのか、それがそもそもわからない。著作権問題というのは自動的に民事なのかな。たぶんそうだと思う。

1)芸術とは、あるいは写真とは、如何にあるべきものか
2)丸田の写真は小林の写真よりも内容的に優れている
3)小林には廃墟に対する愛がない
4)写真界の現状は憂うべきものである
5)団塊は嫌い
6)印刷所が写真を勝手にいじるのはけしからん
7)小林は丸田の著作権を侵害している
8)ロケハンも創作活動の重要な一部である
9)この問題のせいで業界で丸田祥三という存在を抹消されつつあるのが辛い

というような話が語られるが、1、2、3、4、5、6などは、裁判とはぜんぜん関係ないような気がする。そうでもないのだろうか。

ツイッターというものをよく知らないのでよくわからないが、枡野さんによるものらしい「【だれでも同じ場所を撮れば似た写真になるとか言ってる人がいる。私は自作が先行作に偶然似ていたら恥ずかしい。先行作を知ることもプロの大切な仕事だと思う】盗作について云々する前に必ずこれを見ないと恥だ! http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100810」というツイット(?)を見た。そう思うのも発言するのももちろん自由だが、裁判の応援としてこういうことを言うのはいいことなんだろうか。芸術家はかくあるべし、とか、プロを名乗るならかくあるべし、とかいう価値観は人間の数だけあっていいわけで、僕としては裁判所にそんなことを判定して欲しくない(いやもちろん枡野さんは「裁判でそのあたりを裁け」だなんてことは全く言ってないので、この発言にひっかかる僕の方がおかしいのかも知れないが)。

◆◆

ともあれ、たぶん7が裁判の争点だろう。これは、、、むずかしいなあ。切通さんによると

丸田祥三氏『棄景』剽窃被害について思う・1 - 切通理作の社会に斬られる

小林氏および彼の弁護側は丸田氏の訴えを、誰かが先に撮った場所で撮ってはいけないのかという問題にすり替えました。

ということだが、これが何故すり替えと呼ばれるのか理解できない。「同じ写真家というフィールドで、口絵写真や記録写真としてではなく、芸術写真として写真集や写真展を行う場所で、丸田氏と類似の作品を発表したことが問題にされている」のだと切通さんは述べているが、例えばガウディの建築をテーマにした写真集とか、ガウディの中でもサグラダ・ファミリアだけをテーマにした写真集とかは、いろんなプロ写真家が出しているだろう。同じフィールドで。芸術写真として。類似の作品を。似たショットはたくさんあるはずだ。そういうのを、先に撮った人が独占権を主張していいものだろうか。よくない、と、僕は思う。金閣寺とかにも、同じようなことは言えるのではないか。

◆◆

ただ、しかし、そこで論点8ですよ。その場所(被写体)を発見したこと自体が創作だと。稀少だと。値打ちがあると。苦労もしてるんだからと。だから、同じ写真家というフィールドで、芸術写真として写真集や写真展を行う場所で、場所(被写体)をパクるのはNGなのだよ、と。一般的に誰にでも知られているサグラダ・ファミリアや金閣寺なんかとは事情がまったく違うのだよと。裁判の勝敗を左右するのは8じゃないかと思うんだけど、そこについてあまり掘り下げて語られていないようなのが残念。

◆◆

丸田さんのところに、NHKのプロデューサーか何かからメールが来たそうだ。

突然のメールで失礼いたします。『棄景〈5〉』の表紙に魅せられて購入してしまいました。私はNHKでドラマをつくっている者なのですが、今度制作するドラマのタイトルバックの映像に、ヒロインが、あの『棄景〈5〉』の表紙のようなところを、後姿で歩いていく映像を撮りたいと強く思っています。つきましては大変都合の良いお願いで恐縮なのですが、あの写真の撮影ポイントを教えていただけないでしょうか。

このメールの文面はずいぶん会場の失笑を買っていたが、そんな悪いことかな。どんな都合のいいことでも、試しにとりあえず頼んでみるというのは、悪いことだとは思わないんだが。らいしゅうのもくようび、わたしのうちでたんじょう会をやります。1曲歌いにきてください。ギャラはだせません。と、浜崎あゆみにメールを出すとか。そんな悪いことだろうか。むしろ返事をしない方が失礼じゃないか。「お断りします」と一言書くのに、10秒かからないだろう。枡野さんは「常識的に考えて、そんなら丸田さんに仕事として頼めばいいじゃんねえ」というようなことをおっしゃっていたが、それを言うならば丸田さんの方が、興味を持っていただいて感謝します、タイトルバックの監修を(仕事として)引き受けましょう、打ち合わせは私のスタジオであしたの午後2時ではいかが、とかなんとか返事すればいい。実際に、成功者の多くはそういうメンタリティを持っている(想像)。まあそれはともかく。

丸田さんは、その写真1枚を撮るために、いろんな季節、いろんな天気のいろんな時間にその場所に通い、結局16年かかったのだという。オレが16年かけて撮ったものを、メール1本で聞こうとする神経はなんなんだ、と思って無視したそうだ。つまり彼は、場所(被写体)をタダで教えるのはイヤだと、場所(被写体)を教えたら真似される、それは損だ、と考えているわけだ。だったら。

だとしたら、ですよ。場所を明記して発表した写真に関しては、ロケハン独占権を放棄した、と看做されても当然のような気もする。「場所を教えたらパクられるから教えない」というなら、場所を教えたものに関しては諦めるしかないんじゃなかろうか。

◆◆

枡野さんのブログによると、丸田さんの主張は「同じ場所の写真を自分以外の人に撮るなと言ってるのではなく、構図が似るにしても、ここまで似るのは……」というものらしく、また、もともと裁判の目的は「丸田さんが被告の写真をパクったのではなく、その逆だったのだ」ということを世間に伝えることだそうなので、まあ、それでいいのかも知れない。

◆◆

ところで、最も深刻で最も重大で最も嘘みたいな漫画みたいなとんでもない問題は9である。9については、丸田さんを応援したい、という以外に、とりあえず何と言っていいのかわからない。
まとめサイト

●後記:「丸田祥三 小林伸一郎」でググると、何故なのか妙に上位にこのページが表示されるようですが、さほど大したことは書いてなくて恐縮です。書いた本人としてはこっち「キース・ヘリングの真似してポーズが違うからセーフ」の方がおもしろいと思います)

丸田祥三 VS 小林伸一郎 決着が付いたようだ その1
丸田祥三 VS 小林伸一郎 決着が付いたようだ その2
丸田祥三 VS 小林伸一郎 決着が付いたようだ その3
[PR]
by nobiox | 2010-08-13 02:08 | ├自分用メモ | Comments(10) |
Commented by 通りすがり at 2010-08-13 17:10 x
通りすがりに失礼します。
丸太氏の立場に同情しつつも、
冷静かつロジカルに、
丸太氏とその賛同者の主張を分析をしていて、
とても納得いたしました。
Commented by てんてけ at 2010-08-13 18:28 x
・ガイドブックのように「ガウディの中でもサグラダ・ファミリア」を紹介するプロ写真家と、「ガウディの中でもサグラダ・ファミリア」で何かを伝えたいプロ写真家とは区別して考えるべきでしょう。アンディ・ウォーホールの作品と元画像の違いとか。

・突然のメールで失礼いたします
最初のメールは常に突然のものなのに、こんなことを書くのは嘲笑の対象です。
誰かに仲介して貰ってその人から「なんかNHKの人が連絡とりたがってるようだぞ」と伝えて貰ったら「突然のメール」ではないでしょうけど。

・場所を明記して発表した写真に関しては
丸太氏が撮影した当時は、それぞれの廃墟に管理団体がいて、その団体が「世間に公開されるのはちょっと…」と渋っていて、丸太氏が懸命に交渉して公表の許可を得たものですので、発表当時は撮影場所を明記しなかったんじゃないでしょうか?
これは初版を見ないと確かなことは解りませんが、そんな話しぶりでした。

丸太氏は当初、小林氏に
Commented by nobiox at 2010-08-13 18:45
「芸術写真として」と書いてる通り、ガイドブックは念頭にありませんでした。写真集とガイドブックを区別すべきだとして、それがこの話とどう結びつくのかよくわからないのですが。

>最初のメールは常に突然のものなのに、こんなことを書くのは嘲笑の対象です。

だけど丸田さんはそこに関しては怒ってませんでしたよ。「まあここはいいんだけど」と、わざわざおっしゃってました。
Commented by にら at 2010-08-14 13:33 x
場所についてとNHKの件がごっちゃな気がして、書き込みさせて頂きました。
<場所をタダで教えるのはイヤだと―と考えているわけだ>とありますが、あのメールで丸田さんが怒ってたのは、「独特の色味」についてだったと思います。(あと「創る」の表記)
「色味」と、何度も繰り返してました。(33分)

ロケハンは、「未だに場所くらいケチケチしないで教えればいいと思ってます」と。(38分)

でもこんな目にあっても「場所くらい」と言う丸田さんは、nobioさんのおっしゃるとおり本来普遍指向が高い方なんだと感じました。

そしてロケハン独占権は主張してなかったと思います。「同じ場所で撮ること自体は悪くない」、「構図の類似性」と明言されてます。(24分)

ただ個人的には、同じ場所で同じ構図を撮っても、違う意味を持つ撮り方をしてれば、新たな表現作品として成立しうると思います。
本歌取りの写真バージョンみたいな。あとパロディーもありうる。
小林さんの問題は、そういう意図も試みもないまま、ただ表面だけなぞったコピーに見える点かと。

最後になりましたが、丸田さん寄りなだけでなくて、大変興味深く読ませて頂きました。
Commented by nobiox at 2010-08-14 16:30
お言葉にほぼすべて同感ですが、丸田さんの怒りの中心が「独特の色味」と「創るの表記」にあったとしても、場所を教えてくれというメールに憤慨して無視したことは事実なので、「場所を教えたらパクられるから教えない」というふうにまとめても間違いではないでしょう。まあ、まとめ過ぎなのかもしれませんが。
Commented by 枡野浩一 at 2010-08-15 01:38 x
まとめ過ぎだと思います。

写真家の「独特の色味」を
すぐ真似できると考えるような人には
おしえたくない、
というのが丸田さんの真意でしょう。

私は映像を「つくっている」者です、
同じ場所で丸田さんとは別の映像を撮りたい、
ご協力いただけますか、
というメールだったら
話はちがっていたかもしれない。

人生は枝葉末節で出来ています。
要点だけを捉えることは
物事の本質を捉えることではないと私は考えます。

それから、
「ほんとうはおしえたくないけど、
場合によってはおしえてもいい。
おしえないとだめだと考える」
みたいな、
アンビバレンスな感情について、
あなたはどう思っているの?

丸田祥三とはかつて絶交したが、
しかし盗作されたことに関しては応援したい、
みたいな町山智浩さんの行動をどう思いますか?



などと、
いろいろ書きましたが、
あなたの記事はとても面白かったです。
率直なご意見に感謝します。心より。
Commented by nobiox at 2010-08-15 20:56
>同じ場所で丸田さんとは別の映像を撮りたい、
>ご協力いただけますか、
>というメールだったら
>話はちがっていたかもしれない。

>「ほんとうはおしえたくないけど、
>場合によってはおしえてもいい。
>おしえないとだめだと考える」
>みたいな、

ああ、なるほど、そう言われると確かにそういうことはありますね。
(素人の無意味な茶々入れのようで申し訳ないのですが、枡野さんに「ほんとうはおしえたくないけど」とか書かれると、いっしゅん短歌に見えます)

>丸田祥三とはかつて絶交したが、
>しかし盗作されたことに関しては応援したい、
>みたいな町山智浩さんの行動をどう思いますか?

「良好な関係ではない」とかどこかで読みましたが、絶交してたんですか。事情を知らないので特に感想は持ってませんが、一般に、「嫌いなヤツは何を言おうが嫌い」「敵の敵は味方」というような考えの人は好きじゃないですね。そういう人の方が多いんですけどね。(続く)
Commented by nobiox at 2010-08-15 20:57
(続き)私は是々非々で発言、是々非々で行動する人が好きです。町山さんという方の態度が枡野さんのおっしゃるようなものだとすれば、希有なことだと思うし、好感を持ちます。ただ是々非々でばかり発言してるとたまに「お前は味方を批判するのか」というようなことも言われるので、むずかしいですね。

>率直なご意見に感謝します。心より。

私もいろいろ勉強になりましたので感謝します。そういえば枡野さんにお伝えした方がいいのかも(まあ別にどうでもいいことだけど)と思ってたことがあって、それは、そもそも僕がこのイベントの存在を知ったのは、東京MXTV の「5時に夢中!」で中村うさぎさんが「めちゃめちゃおもしろかった」と紹介してたから、ということで、なので中村うさぎさんにもこっそり感謝してます。
Commented by nobiox at 2010-08-15 21:35
なにか僕は枡野さんから、「論理がすべて」みたいな人間だと強烈に思われてるようですが、だとしたらそれは強烈にそう思われるようなことを何か僕が書いたせいだろうとは思いますが、上の記事にも書きましたが、「反論するなら論理で説明していただきたい」なんて書いてしまったのは僕が阿呆でした。そのことだとしたら赦してください。僕も人間なので、すべてが論理で割り切れるだなんて思ってないですよ。だからこそ「これは僕という人間の、考えの、癖だ」と書いたわけで、どっちかと言えば「すべてが論理で割り切れるだなんて思っちゃいかん」ということの方を、多く書いてるつもりなんですが。
Commented by 枡野浩一 at 2010-08-16 03:55 x
了解です。おやすみなさい……。
<< 「Sand In My Joi... | 中里篤史(巨人)、中継ぎで中日... >>