「プライベート・ライアン」
監督:スティーヴン・スピルバーグ / 出演:トム・ハンクス, マット・デイモン / 1998年
★★★★……すごくおもしろかった

Wikipedia には「リアルな映像にするため、撮影には三脚を使わずハンディカメラが多用された。敵の攻撃を受け手足が吹き飛ぶ、内臓が飛び出る、炎に包まれて爆死するなど、戦場の現実を生々しく描き、これまでになかった戦争映画として高い評価を受けた。特に、冒頭から始まり約20分間にも及ぶオマハ・ビーチにおけるノルマンディー上陸作戦を描く戦闘シーンは、映画史に残る20分間として知られる。アカデミー賞では11部門にノミネートされ、興行面でも全世界で大きな成功を収めた」と書いてある。以降はともかくとして、とーにーかーくその、冒頭の「映画史に残る20分間」が凄まじい。圧倒的。参りました。尊敬するしかない。

もともと反戦的な人が観れば「戦争のむごさを描き切った真の反戦映画」と思い、好戦的な人が観れば「うひょー、やっぱ戦争さいこー」と思うだろう。
[PR]
by nobiox | 2009-08-24 13:28 | ├映画 |
<< 「カーボンマイナスオリンピック」とは | 「人のセックスを笑うな」 >>