スラムダンク
 帰宅部だったんだが、なんとなくバスケやってる奴がかっこいいと思って、友達と二人で某スポーツ店にオリジナルのジャージを特注した。背中には架空の高校の名前、腕には自分の名前がはいってるやつ。それを着て県予選の会場に乗り込み、わざと目立つ通路で観戦してた。(すでに全国出場を決めて、他県の代表を視察に来たという設定)
 壁によりかかりながら、人が近くを通る時を見計らって
俺「なかなか面白いチームだな・・・」
友「ああ・・特にあの7番」
俺「お前と同じポジションだな。どうだ?止められそうか?」
友「さあな・・・・」
俺「おいおい・・・エースがそんな弱気でどうすんだよ」
 こんな感じのやりとりを繰り返した。たぶんカッコよかったと思う。
[PR]
by nobiox | 2010-07-27 18:23 | ├2ch文学 | Comments(0) |
<< 中里篤史(巨人)、中継ぎで中日... | 会田誠『カレー事件』後篇 >>