フィレオフィッシュ
 数年前、マクドナルドでバイトの女の子に対して通常とは逆の順番で注文したらどうなるか試した人がいた。 つまり「店内で、バニラシェークのMサイズと、マスタードソースのナゲットとポテトのSサイズとチーズバーガー下さい」という風にね。
 すると、レジの女の子はすっかり頭が混乱してしまって、何度も注文を聞き返し、おまけに最後に「店内でお召し上がりですか」と聞いたそうだ。面白い。そこで、俺も試してみた。

「店内で、ペプシコーラのMサイズと、ポテトのMサイズ、あとフィッシュバーガーをお願いします」
 バイトの女の子は顔を挙げて言った。
「あいかわらずの性格ね」
 別れた彼女だった。
「僕らの時間も逆にたどれないかな?」
 突然泣き出す彼女。
「おい、いきなり泣くなよ。こんなとこで・・・・」
「ごめん。でも逆にたどるなら、始まりは涙でしょ?」
 俺はまわりの目も気にせず、彼女にキスをした。

・・・やはり、「俺」より「僕」の方がいいかも知れない。
[PR]
by nobiox | 2010-07-24 23:17 | ├2ch文学 | Comments(0) |
<< 「グエムル」 | 会田誠『カレー事件』前篇 >>