散骨(「ものすごく小さい骨壺」の提案)
祖父は私が中学のとき死んだ。長い闘病の後だったため、遺骨の量が少なかった。

火葬場で焼き上がった遺骨の量には、体格、年齢、病歴などによって個人差がある。日本のキリスト教徒は遺骨をどうするのか知らないが(キリスト教徒は焼かずに土葬するのか?)、多くの日本人遺族はそれを箸でつまんで骨壺に収める。入り切らない分はどうなるのだろうか。「メモリアルアートの大野屋」の「仏事Q&A」にはこういう記述がある。

Q:火葬場で見た光景で、壷に遺骨が入りきらないときに、職員の方がスリコギ棒のようなもので崩して押し込んでいました。これについての質問ですが、これは、ひとつの壷に入れなくてはならない決まり等があるのかどうか詳しく教えてください。

A:ご遺骨を一つの壷に入れなければならないという決まりは特になく、壷に入りきらない分につきましては、火葬場にて処分されてしまいます。従いまして、ご質問にありました行為は、少しでも多くのご遺骨を遺族の方にお持ちいただく為の配慮かと存じます。

壷に入りきらない分は、火葬場が「処分」するらしい。厳密に杓子定規に考えれば、壷に入りきらない分も遺体であり、ゴミ扱いすれば死体遺棄罪に該当するはずだが、そこまでは追求せずに穏便に済ませているのだろう。法の運用上、壷に入ったぶんだけが「死体」とみなされ、入り切らなかった分は「死体ではない何か」とみなされる。そういうことのようだ。

狭い日本に核家族が増えていけば、墓地の需要は増すばかりとなる。その問題に対して「散骨」というのはよいアイデアに、いっしゅん思えるが、現実はなかなかむずかしいらしい。どこでもいいわけではない。住民の苦情などから、散骨を条例で規制する地方自治体も少なくない。規制する自治体が増えていく可能性もある。

いやそれでね、何が言いたいかというと、遺骨の量のことだ。「ものすごく小さい骨壺」を作ったらどうだろうか。それに入り切らないぶんは、火葬場で「処分」してもらう。入ったぶんだけを死体=遺体=遺骨とみなし、持って帰り、撒きたければ撒けばいい。もちろん散骨問題の根本解決にはならないが、量が大幅に減ることは解決の一助になるはずだ。また、撒かずに引き出しの奥にしまっておいてもいい。小さいから負担にならない。


▼追記:「そういうことのようだ」というのは間違ってるようだ。
近代に至るまで、日本の葬送儀礼として火葬は決して主流ではなかった。しかし遺骨がコンパクトにまとまり持ち運びが可能になる・土葬のように数年単位で墓地の面倒を見る必要がない・墓地の土地面積が節約できるなどのメリットが徐々に浸透し、徐々に火葬が普及していった。高度経済成長期以降の人口の都市集中なども火葬の追い風となり、それ以降では火葬が主流になったといっても良い。
火葬の普及に伴い、墓地とは無関係に、独立した火葬専門の施設が設置されることが多くなっている。
それらの火葬場は、主に各市町村の清掃・衛生関連部署による運営や、複数の市町村が一箇所に集約して使われる行政組合による運営のものが多いが、一部民営・業務委託・半官半民(PFI)といった形態で設置・運営しているものもある。米国のサービスコーポレーションインターナショナルのような大規模な葬儀会社の一部門として組み込まれている場合もある。また東京では、他地域の公営火葬場主流に対して、東京博善(廣済堂グループ)という民間企業が大半の火葬を行っているという特徴がある。

火葬後には骨が残される。骨上げでは、西日本は主要な骨のみを骨壺に収めるため、拾骨されなかったものは後に残される。東日本では基本的にすべての骨を収めるが、多少の残灰が残される場合がある。骨壺に入れられなかった残骨灰は専門の業者が回収し、コバルト・ステンレス・チタンなど希少金属の選別などを経て合葬される。以上 Wikipedia より。
東日本と西日本で違う、と。
MCプロデュース : 火葬の後で(工場長)2007年08月20日

また社長の一言から始まった。「部分集骨で、残ったお骨や灰は、【処理する】で適当なのかな? 他に言い方ないの?」
 当然、お骨を全部拾わない西日本出身だから分かるでしょ? そんなプレッシャーを全身に受けながら、私は回答に窮していた。たしかに、うちの地域はほとんど部分集骨で、かつての身内の葬儀も、全て部分集骨だった。しかし、残った遺骨のことを気にしたことは全くない。適当に「そんなことまで気にしたことはありません」とでも返答していれば、このエッセイの(続きを読む)以降も書くこともなく、話はここで終わっただろう。が、私は違う返答をしたかった。

まず、電話をかけてみたのは、祖父の火葬をした、葬儀場と火葬場が併設されている会館。「急に、祖父の遺骨の行方が気になった」と問い合わせたら、火葬の後の遺骨の行方を話してくれた。といっても「残骨は、外注の企業が適切に処理をしています」というレベルの、差し障りのない内容だけれども。
工場長:「畑や山に埋められたりするんですかねぇ」
職員 :「いや、しっかりとお寺で供養されているはずです」
工場長:「どこで、どのように供養されるんですか?」
職員 :「それは…外注さんに聞いてもらわないと」
工場長:「何という企業ですか?」
職員 :「少し、お待ちください。たしか、昨日チラシを持ってきてたなぁ」
    (…しばし待つ…)
職員 :「N社という業者さんだねぇ。石川県のS寺で、残骨灰はまとめて供養されているらしいよ」
工場長:「S寺ですか」

S寺の漢字の書き方を説明されながら、私は、残った遺骨を残骨灰って言うんだな…と思った。残骨灰か。初耳である。残骨灰をネットで調べると、【残骨灰処理】という言葉も見つかった。この段階で、社長への返答は、「残ったお骨や灰の処理は、残骨灰処理って言うらしいですよ」でバッチリだ。一方で、興味も湧いてきた。N社へ電話して、その「処理」の内容を聞いてみたくなった。早速電話をかけてみる。しかし、出ない。仕方がないので、S寺に電話をしてみる。すると、60才くらいの声のおじちゃんが電話に出た。
寺職員:「あぁ、置いていっていますねぇ」
工場長:「納骨堂みたいな場所があるんですかねぇ」
寺職員:「いやぁ、建物も先方さんが建てたんで、よく分からないんですわ」
工場長:「境内にあるんですか?」
寺職員:「ええ、それはそうですけど…。うちは、場所を提供しているだけで、特に知らないんですわ」

知らないんだ…。管理が甘いなぁ。まあ、N社が主導権を握って、残骨灰処理を仕切っているということは、想像に難くない。どんな会社なのか、気になるところ。これも何かの縁と思い、残骨灰処理業界の内情が気になった私は、インターネットで検索に上位に引っかかった会社に電話をしてみた。
工場長:「残骨灰処理に関して調べているんですけれども、インターネットでホームページ見まして。
     一番詳しく書かれているようだったので、電話してみました」
会社員:「ははは。まだまだ完成してないんですけどねぇ」
工場長:「残骨灰処理って、どんなことするんですか?」
会社員:「まずは、分別機にかけるんですわ。それで、【灰】【骨】【金属】に分けるんです。
     その中の【骨】を選別して、さらに綺麗に洗浄します。その後は、契約しているお寺さんに供養してもらいます」
工場長:「そのお寺さん、もしかしてS寺ですか?」
会社員:「…いや、近所のお寺ですけれども」
工場長:「そのお寺、骨でいっぱいに成りませんかね」
会社員:「そうなんですよ。だから今、大きな供養所というか、作ってるんですよ」
工場長:「N社さんは、S寺にお願いしてもらっているようですが、そこも7,8年で一杯になるようですよ」
会社員:「ああ、N社さんですか」
工場長:「ご存知なんですか?」
会社員:「この業界では有名ですよ。西のN社、東のT社ってよう言われてますけどねぇ」
工場長:「へぇ~」
会社員:「まあ、どこにでもあるように連合というか、組合みたいなものはありましてねぇ。
     うちの会社は、シガラミが嫌なんで、独立してやってますけど」
工場長:「シガラミですか」
会社員:「あまり、詳しくは知らないですけどねぇ」
工場長:「西はN社さんが仕切ってるんですね」
会社員:「まあ、そうですね」

何だか、言い難そうだ。組合ですか。表に出る業界ではないだけに、あまり良い雰囲気はしないなぁ。N社が、ますます気になってきましたが、今回はこんなところです。ただ、葬祭に関わっているだけに、興味深い世界でもありますね。「残ったお骨や灰の処理は、【残骨灰処理】って言うらしいですよ」という答えを得られただけで、まずは一段落です。

[PR]
by nobiox | 2009-08-03 16:39 | ├自分用メモ | Comments(0) |
<< 「アヒルと鴨のコインロッカー」 | 「クローバーフィールド」 >>