「プラダを着た悪魔」
原作:ローレン・ワイズバーガー / 監督:デビッド・フランケル / 出演:アン・ハサウェイ,メリル・ストリープ,スタンリー・トゥッチ / 2006年
★★★★……すごくおもしろかった

素晴らしい。プロが作ったプロの映画。観ていて残念に思う点が、ひとつもない。このカット無駄に長い、とか、この絵いまいち、とか、このシーンは必要なのか、とか、この音楽が耳障り、とか、そういうことを一度も思わせない(つまり西川美和の映画にはけっこう、そう感じる瞬間が多いんだな)。どうして日本ではこの手の、軽くて軽妙でゴージャスな映画はできないんだろう。軽くて軽妙でお洒落なCMとかならたくさんあるのに。軽くて軽妙で貧乏な感じの映画もたくさんあるのに。まあ日本にはメリル・ストリープ(1949年-)がいないからなあ・・・

主役は常磐貴子か、深津絵里か、黒谷友香か、あるいは西山茉希か南明奈か、まあ可愛いければ誰でもいいとして、悪魔の編集長は日本人なら誰がやるんだろうか。八千草薫じゃ無理でしょう。野際陽子か。朝丘雪路か。大地真央か。あ、風吹ジュン(1952年-)か。余貴美子(1956年-)か。永島暎子(1955年-)か。風吹ジュンも余貴美子も永島暎子も尊敬すべき役者だが、それでもメリル・ストリープには及ばない気がする。ちなみに私がメリル・ストリープという人の偉大さを知ったのは「She-Devil」という映画からです(「She-Devil」でのメリル・ストリープはデヴィルではなく、デヴィルに翻弄される側)。

メリル・ストリープ演じる悪魔の編集長は全編を通し、一度として声を荒げない。悪魔の編集長は毎日毎日コートを着てくる。やっぱりお洒落というのはある程度寒くないとなあ、真夏はどんな格好するのかなあ、などと、考えました。
[PR]
by nobiox | 2009-07-29 20:28 | ├映画 | Comments(4) |
Commented by 柳生 博 at 2009-07-31 00:09 x
メリル・ストリープ演じる編集長が、最後に暖かい人間性を垣間見せるのは映画独自のことで、実際の原作では淡々と悪魔のままで終わる、といった話を聞いたことがあります。

僕は割とこの映画に近い業界で生きているのですが、この映画のように激しい女帝が組織を牛耳っていること、少なくないんですよ。

ちなみに林真理子の「コスメティック」という小説も、同様に、女系の縦社会の人間関係のシビアさが描かれていて、お勧めです。私はこれを読んで、一段大人になった気がしました。
Commented by nobiox at 2009-08-01 22:34
「コスメティック」はたまたまもらって、出た直後に読んだのですが、私の脳内ではすっかり「業界のずうずうしい不倫オヤジ」と「繊細な若き芸術家」の二人の男を対比的に描いたエロコメディ、ということになってました。そんな内容だったのですか。いずれまた読んでみます。
Commented by nobiox at 2009-08-01 22:47
「コスメティック」について覚えていること:繊細な若き芸術家の方は、首から上のキスに何分もかける。
ずうずうしいオヤジの方は、そんなふたりがしっぽりしてる部屋に笑いながらズカズカ上がり込んで来て、主人公に花束を渡す。こういうずうずうしさを身につければ、一段大人になれるんだがなー、などと、思いました。
Commented by 柳生 博 at 2009-08-04 23:02 x
あれ、エロコメディでしたっけ?
私はどちらかというと、化粧品業界の人間模様が主に描かれていた
印象が残っています。
確か10年くらい前に読んだので、よく憶えていませんが。。。
<< 「クローバーフィールド」 | 「メリーに首ったけ」 >>