「プラダを着た悪魔」
原作:ローレン・ワイズバーガー / 監督:デビッド・フランケル / 出演:アン・ハサウェイ,メリル・ストリープ,スタンリー・トゥッチ / 2006年
★★★★……すごくおもしろかった

素晴らしい。プロが作ったプロの映画。観ていて残念に思う点が、ひとつもない。このカット無駄に長い、とか、この絵いまいち、とか、このシーンは必要なのか、とか、この音楽が耳障り、とか、そういうことを一度も思わせない(つまり西川美和の映画にはけっこう、そう感じる瞬間が多いんだな)。どうして日本ではこの手の、軽くて軽妙でゴージャスな映画はできないんだろう。軽くて軽妙でお洒落なCMとかならたくさんあるのに。軽くて軽妙で貧乏な感じの映画もたくさんあるのに。まあ日本にはメリル・ストリープ(1949年-)がいないからなあ・・・

主役は常磐貴子か、深津絵里か、黒谷友香か、あるいは西山茉希か南明奈か、まあ可愛いければ誰でもいいとして、悪魔の編集長は日本人なら誰がやるんだろうか。八千草薫じゃ無理でしょう。野際陽子か。朝丘雪路か。大地真央か。あ、風吹ジュン(1952年-)か。余貴美子(1956年-)か。永島暎子(1955年-)か。風吹ジュンも余貴美子も永島暎子も尊敬すべき役者だが、それでもメリル・ストリープには及ばない気がする。ちなみに私がメリル・ストリープという人の偉大さを知ったのは「She-Devil」という映画からです(「She-Devil」でのメリル・ストリープはデヴィルではなく、デヴィルに翻弄される側)。

メリル・ストリープ演じる悪魔の編集長は全編を通し、一度として声を荒げない。悪魔の編集長は毎日毎日コートを着てくる。やっぱりお洒落というのはある程度寒くないとなあ、真夏はどんな格好するのかなあ、などと、考えました。
[PR]
by nobiox | 2009-07-29 20:28 | ├映画 |
<< 「クローバーフィールド」 | 「メリーに首ったけ」 >>