「ゆれる」
原案,脚本,監督:西川美和 / 出演:オダギリジョー,香川照之,真木よう子
★★★★……すごくおもしろかった

東京でカメラマンとして成功したチャラいノリの弟にオダギリジョー、地元で家業のガソリンスタンドを継いだ実直で腰の低い兄に香川照之、上京を夢想しつつ田舎にくすぶるオダギリジョーの元カノに真木よう子。兄弟の父に伊武雅刀、叔父に蟹江敬三、真木よう子の同僚のガソリン店員に新井浩文。そう聞くだけでどんなタッチの映画か想像つくでしょう。その想像通りの重い映画なんだが、で、ありつつ、エンターテインメントとしてちゃんと面白いところが素晴らしい。

良心的な映画とか、意欲あふれる映画とか、志の高い映画とかは日本映画界にたくさんある。やたらに使われる長回し、やたらに挿入される意味不明な間。暗いトーン、ぼそぼそした台詞。どれもこれも退屈だ。オレが観たいのは面白い映画だ。「ゆれる」は希有な達成だと思う。まあ、年に数本というペースでしか映画を観ない人間がそんなこと言う資格はないんだろうが。

音楽は全編カリフラワーズというバンドだそうで、ファンキーと言うんだろうか、個人的にはあんまり合ってないように思いました。
[PR]
by nobiox | 2009-07-13 03:07 | ├映画 | Comments(0) |
<< 「蛇イチゴ」 | 「紀子の食卓」 >>