すごい役者
「白い春」というドラマで吉高由里子という役者を知った。すごい。何がどうすごいのかわからないんだけど、やっぱ「リアル」だってことだろうか。「白い春」には阿部寛も出ている。遠藤憲一も出ている。白石美帆も出ている。 デビット伊東も出ている。みなさん、悪くはない。しかし吉高由里子は別格だ。むちゃくちゃ素晴らしい。「吉高由里子にあって白石美帆にないものとは何か」、考えても、わからない。でもとにかくぜんぜん違う。「吉高由里子にあって大竹しのぶにないものとは何か」だと、さらにわからない。しかし何かが違う。吉高由里子は神である。いや、怪物というべきか。

「ゆれる」という映画で見たあの人は誰だ、と思って調べたら真木よう子だった。驚いた。「SP」というドラマに出てた人でしょ。ぜんぜん別人に見える。すごい。私は出演作ごとに「ぜんぜん別人に見える」役者に弱い。オダギリジョーも香川照之も伊武雅刀も蟹江敬三も新井浩文も素晴らしい役者だと思うが、「ぜんぜん別人に見える」ことはない。真木よう子はちょっとすごいですね。

続いて上野樹里と松山ケンイチと麻生久美子について書く予定。
[PR]
by nobiox | 2009-06-25 00:37 | ├映画 |
<< 「紺野さんと遊ぼう」 | ChronoSync 4.0:... >>